建築実例

交流を楽しむ「ピットリビング」のある家

  • rc・その他
  • デザイナーズ住宅
  • 二階建
  • 東京都
  • 狭小・変形敷地
検索ページへ戻る >
交流を楽しむ「ピットリビング」のある家

東京都 Kさま邸

[東京都 Kさま邸]


三角形に近い角地の敷地。変形をデメリットではなく、個性としてプラスに考えデザイン。

この住まいのいちばんの特徴は、リビングの円形ソファ。これは「家族や友人が集まりやすく、楽しめる家にしたい」というKさまのご要望をカタチにしたものです。「ピットリビング」と名付けたこの空間を中心に、楽しいコミュニケーションが広がる住まいになりました。 外観デザインも個性的。三角形の変型敷地を逆にいかし、階段状に雁行させた建物のフォルムと外構のアールをリズミカルに組み合わせた、見た目にも楽しい外観デザインとなっています。さらに建物と外構は一体感を出しながらも、フォルムの違いや組み合わせの妙を強調しています。


大勢が集まりやすい円形ソファの「ピットリビング」。団らんを楽しくするアイデアです。

集まりやすく、みんなで楽しめる空間

住まいのコミュニケーションの中心は、円形ソファを備えた1階リビング・ダイニング。どの位置に座ってもみんなの顔を見ることができる直径約 3.5mのソファはかなり大きいサイズですが、床面より30cm下げることで圧迫感がなく、落ち着く空間になっています。また、地下にはオフィス兼書斎のほかにプレイルームを設置。楽器演奏やホームシアターとして楽しまれています。


「L字型や対面型のソファよりリラックスできる」という円形ソファのあるピットリビング。

暮らす心を豊かにしてくれるデザイン

ダイニングやサニタリーなどの日常的な生活空間についても、すみずみまで美しいデザイン性にこだわりました。たとえばダイニングにはガラスのテーブルや鏡面仕上げの収納扉などを用い、自然光や照明に華やかに映える効果を狙っています。また、サニタリーも床・壁の素材や水栓金具、光の入り方や販社の仕方にまでこだわり、豊かな時間が味わえるリラクゼーションスペースに仕上げました。


円形ソファのあるリビングとつながりながら、半独立の落ち着きが感じられるダイニング。

所在地 東京都
家族構成 ---
敷地面積 165m²
建築面積 82m²
延床面積 231m²(地階 85m²、1階 82m²、2階 63m²)
建ぺい率 50%
容積率 100%

白を基調とし、ガラスを多用したサニタリー空間が、清潔感と明るい開放感を演出。

オフィス兼書斎とプレイルームを設けた地階。防音性にもすぐれています。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。