建築実例

将来移り住むことを考えた別荘

  • 二階建
  • 吹き抜けのある家
  • 太陽光発電
  • 熊本県
  • 鉄骨・工業化
検索ページへ戻る >
将来移り住むことを考えた別荘

[熊本県 Yさま邸]


外観はブラウンの外壁に青く輝く太陽電池モジュールが印象的。ウッドデッキがリゾート気分を演出しています。

熊本はもとより全国的にも名高い黒川温泉。阿蘇の眺めを一望できる素晴らしい立地に別荘をお建てになったYさま。現在、自宅は福岡県にありますが、将来的にこちらに住み替えることを想定されてのことといいます。 「家づくりのテーマは構造がしっかりしていて、長く快適に住み続けられること」というYさま。ご自宅もミサワホームで、その品質や性能、住み心地に満足されていたことから、いずれ移り住む別荘も当然ミサワホームと決めていたそうです。 ブラウンのタイル調の外壁と、陽ざしを受けた太陽電池モジュールがひときわ印象的な住まいです。


正方形に近い形で、広がりが感じられるLDK。

手がかからず、電気代もかからない

当面は別荘として利用されることをお考えのYさま。メンテナンスに手がかからないことを条件に建物を選ばれ、家が傷まないようにと24時間フロアセントラル換気システムと太陽光発電システムを採用されました。その結果、何日も家を空けていても空気がこもることなく、室内はいつも新鮮な空気で満たされているそうです。その必要な電気は、もちろん太陽光発電でまかなわれています。


吹き抜けで2階とつながるリビング・ダイニング。明るい陽ざしが満ちあふれます。

心を豊かにする快適空間

温暖な気候の熊本にあっても、この一帯は冬の寒さが厳しく、かなりの積雪もあります。その点、ハイブリッド住宅なら断熱性・気密性に優れているため、少ないエネルギーで暖かさを保てます。奥さまも「家の中はポカポカ。気持ち良くつろげます」とご満足の様子。また、1階のデッキや吹き抜け、2階のスカイパティオなど、心を豊かにしてくれる空間も多彩です。


スカイパティオからの眺望。天気の良い夜には奇麗な星空も眺めることができる。

所在地 熊本県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人
敷地面積 305m²
延床面積 100m²(1階 55m²、2階 45m²)
建ぺい率 30%
容積率 60%

太陽光発電のためのモジュールを敷き込んだ大屋根。

2階にはゲストのための居室も用意。勾配天井が開放感を増しています。

蛇口をひねれば天然温泉が出ます。

ウッドデッキ下の草花。自然と仲良くなれる住まいです。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。