建築実例

古い街並みに調和するパノラマ眺望の家

  • 二世帯・三世代住宅
  • 二階建
  • 神奈川県
  • 鉄骨・工業化
検索ページへ戻る >
古い街並みに調和するパノラマ眺望の家

神奈川県 Kさま邸

所在地
神奈川県
家族構成
ご夫婦・お子さま2人・お母さま
敷地面積
214m²
延床面積
164m²(1階 82m²、2階 82m²)
建ぺい率
40%
容積率
240%

[神奈川県 Kさま邸]


境川を臨み、悠々と建つハイブリッド住宅。端正な外観が街並みにとけ込んでいます。

明るい光と風があふれる湘南。その閑静な住宅地にある築80年の日本家屋を、Kさまはハイブリッドの二世帯住宅に建替えられました。 選ばれた理由は、第一にシンプルで風格あるデザインが街並みにとけ込むこと。第二に頑丈な構造がもたらす揺るぎない安心感。第三に長期の仮住まいでお母様に負担をかけたくないことから、比較的工期が短いことが評価されました。 「家族の歴史や思い出を大事にしたい」ということで、古い門構えや庭はそのまま残されましたが、新しいハイブリッド住宅の外観は見事に調和しています。


川の対岸から見たKさま邸。

眺めの良い2階リビングの家

建替えにあたってのコンセプトは「眺めの良い2階リビングの家」。敷地の目の前に流れる川をゆったりと船が行き交い、水鳥が戯れる絶好のロケーションをいかすことが、Kさまのたってのご希望でした。そこで、リビングを2階とし、大開口を3面に設けてパノラミックな眺めを実現しました。晴れた日はキラキラ輝く川面が天井に反射して、うっとりするほどの美しさだそうです。


家族の歴史を継いでいくため、古い門構えを大事に残されました。

空間の遊び心と気配り

Kさま邸には暮らしを思う"空間遣い"がすみずみにあります。ご主人は仕事柄、インテリアの専門家。そのセンスをいかして、リビングにはアンティークのビリヤードの台を置かれたり、床材には目地がなくホコリが溜まりにくいリノリウムを採用することで、砂ぼこりの多い当地への細かな配慮も盛り込まれました。ビリヤード台は普段は天板をのせてビッグテーブルとして活用されているそうです。


シンプルでやさしい表情の玄関ホール。正面の飾り棚がアクセントに。

所在地 神奈川県
家族構成 ご夫婦・お子さま2人・お母さま
敷地面積 214m²
延床面積 164m²(1階 82m²、2階 82m²)
建ぺい率 40%
容積率 240%


光と風と眺望が贅沢なまでに入るリビング。遊び心があふれています。


リビングアンティークのビリヤード台を配置。普段は天板をのせてテーブルにしています。

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。