建築実例

"将来二世帯"プランを内蔵した三階建

  • 三階建
  • 大阪府
  • 狭小・変形敷地
  • 鉄骨・工業化
検索ページへ戻る >

大阪府 Yさま邸

所在地
大阪府
家族構成
ご夫婦・お子さま3人
敷地面積
103m²
延床面積
154m²(1階 51m²、2階 51m²、3階 52m²)
建ぺい率
56%
容積率
149%

[大阪府 Yさま邸]


BOXフォルムの簡潔な外観。インナーバルコニーとクレストゲートの木調の風合いが全体を引き締めています。

昔ながらのあたたかなコミュニティが息づく、大阪の下町の一角にお住まいのYさま。築80年以上になる木造家屋を、3階建てのハイブリッド住宅に建替えられました。 敷地は間口が狭く、奥に細長いため、「住まいの顔となる門構えにはこだわりたかった」というYさま。数々の住宅展示場をめぐった末、ミサワホームの展示場で、ご主人が思い描いていた理想の門構えの家に出会えたといいます。 ニューセラミックの重厚な外観とクレストゲートを組み合わせた佇まいは、訪れる人を温かく迎え入れる雰囲気をつくり出しています。


奥行きが感じられる玄関ホール。収納力のあるクロゼットで空間はいつもすっきり。

"将来二世帯"に応えるプラン

現在、5人家族のYさまは、将来、ご長男が結婚されたときには二世帯で住まわれることを予定されています。そこで、新築時に1階と2階それぞれにトイレ、浴室を設置するとともに、1階にはキッチンを設けるためのスペースも確保されました。将来二世帯を考えたプランとすることで、「以前の家よりも長く、代々受け継がれる住まいにしたい」というYさまのご希望も実現することでしょう。


ナチュラルな雰囲気の2階リビング・ダイニング。いつもここに5人の笑顔が揃うそうです。

家族の絆を育むセンターリビング

自然の光と風が心地よく入る2階LDKは「センターリビング」プランとしました。3人のお子さまの個室がある3階へ上がる階段はリビングの中にあり、"どの居室へ行くにも必ずこのリビングを通らなければならない"空間設計になっています。ご主人も「ふと気付くと、いつも家族みんながリビングに集まっている」と仰言っしゃるように、ご家族のコミュニケーションが広がる住まいになりました。


1階和室はご夫婦の寝室として使われています。飾り棚が空間のアクセントになっています。

所在地 大阪府
家族構成 ご夫婦・お子さま3人
敷地面積 103m²
延床面積 154m²(1階 51m²、2階 51m²、3階 52m²)
建ぺい率 56%
容積率 149%

クリップリスト

あなたのお気に入りの「商品」「実例」「コンテンツ」を保存・編集できます。