本文へジャンプ
MJ Wood
  • ホーム
  • カタログ請求
  • 各種ご相談

テクノロジー

木でつくる強い住まい

構造体

従来の軸組構造に“面”の力をプラスすることで、大地震や暴風に強い強靭な住まいを実現しています。

家の強さは、柱の太さや釘の耐力、壁の強度など、各パーツの仕様・性能だけでは図れません。家全体の耐力が大切なのです。「MJ Wood」では、“木”が本来持っている特長を生かしながら先進の技術を取り入れ、「木でつくる強い住まい」を追求。
“壁”を構成する柱と梁は、「MJメタルジョイント」で接合した上で、“面(構造用合板)”を加えて一体化し、変形やねじれを抑えます。さらに、壁の強度 を生かす要となる床や屋根についても“面(構造用合板)”を用いることで、接合部に力が集中せず、家全体でバランスよく強さを発揮します。

「MJ Wood」は強い耐力壁のある住まい。構造用合板+ダブル筋かいで、壁倍率※1最大6.5倍相当の実現も可能です。

“耐力壁”とは、建物にかかる水平荷重に耐える、構造的に重要な壁のこと。そ の強度は“壁倍率”で表され、地震や台風に対する強さの目安となります。一般の木造軸組工法の耐力壁では、シングル筋かいで壁倍率2.0倍、ダブル筋かい で4.0倍。 これに対し「MJ Wood」の外壁に用いる耐力壁は、構造用合板とシングル筋かいを合わせるだけで4.5倍。ダブル筋かいで最大6.5倍相当とすることも可能です。強度が 高いので壁が少なくてすみ、間取りの自由性も高まります。必要な耐力壁を最適なバランスで配置することで、確かな強度を確保した、快適な住まいを実現しま す。

図:MJ Wood工法

※1壁倍率
基準の耐力壁に対して何倍の耐力があると判断された数値。
壁倍率1.0は幅1m当たり1.96kN(200kgf)の力を加えた際に変形角が1/120以内、壁倍率2.0は2倍の力を加えても同変形角に収まる剛性を指す。

壁だけでなく、床の強さも重要です。24o厚の構造用合板で、地震時に歪みを抑える「剛床」。

住まいの開口部は南側に多く、北側では少なくなるため、建物の自重の中心(重 心)と強度の中心(剛心)がずれることがあります。この“ずれ”が大きくなると、地震などの際に歪みが生じやすくなってしまいます。この歪みに対抗するの が、床の強度。住宅の床面は、人や家具などの重さを支えるだけでなく、地震などの外力に抵抗するためにも大きな役割を果たしているのです。 「MJ Wood」では、1階・2階の床材に、24o厚の構造用合板を使用しています。構造用合板の打ち付けに多く用いられる、接合力の高いN釘(75o)によっ て、150o間隔での釘打ちを実施。さらに、構造計算上は余力となる強固な接着接合を加えることで、床剛性を向上させています。住宅性能表示制度で求めら れる基準をクリアした“剛床”。これが、強度にすぐれた「MJ Wood」の基本となっているのです。

写真

床材は24o厚の構造用合板を使用

写真

床合板と一体化する梁と床合板受

写真

高密度な釘打ちに加え接着剤で一体化

JAS規格の高品質な構造用集成材を使用。生産管理されたプレカット工場で、高精度に加工しています。

構造用集成材

木造軸組工法の構造材には、法律的に耐力の欠点がないものを使う必要がありま す。しかし、乾燥条件や木質材料の種類に細かな制約がないため、使われる構造材はさまざまです。「MJ Wood」の柱や梁に使用する木材は、工場でつくられたJAS規格の高品質な構造用集成材。一般の木材と比べて品質が安定し、一定の強度を確保できるた め、大開口やロングスパンの建物にも採用されています。もちろんすべて乾燥材なので、くるいや割れも極めて少なくなります。

写真

強度に問題のある節や割れのある材を除いて高精度に加工

写真

含水率が低く高品質な構造用集成材

写真

安心のJASマーク

構造材のグレード比較

木材 特徴 含水率 強度・耐朽性
構造用
集成材
機械乾燥機で人工乾燥を実施。構造耐力を目的とした部材で、強度をチェックした板を、反りの方向を考慮しながら圧着したもの。所要の耐力に応じた断面の大きさと安定した性能をもち、材質が一定でくるいや割れが少ない。 15%以下
(MJ Wood基準)
強度は工場で規定。
ヤング係数
※2=柱:E95 梁:E105
KD材 機械乾燥機で人工乾燥を実施。グリーン材に比べ、くるいは少ないが、乾燥の方法や木材の部位により、集成材ほどの品質は望めない。 15〜25%
(平均20%)
KD材にはJAS等級と無等級があり、無等級は品質にバラツキがある。
グリーン材 自然乾燥のみ。保管、乾燥状態によって含水率は異なり、割れや反り、カビが発生する恐れがあるため、管理が行き届いて乾燥している木材を吟味する必要がある。 保管・乾燥状態により異なる。 樹種・含水率により異なる。

参考文献:(財)日本住宅・木材技術センター編「木材と木材住宅Q&A 108」

※2ヤング係数 「弾性係数」とも呼ばれ、木材に加えられた「曲げの力」と、そのときの木材の「縦歪みやたわみ」の程度の関係を表す数値のこと。 数値が大きいほど木材の強度が高いといわれている。E95は一般的に流通している杉の製材の約1.5倍の強度。


ページ先頭へ

Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.