本文へジャンプ
MJ Wood
  • ホーム
  • カタログ請求
  • 各種ご相談

テクノロジー

次世代省エネ基準をクリアする住まい

写真

地域に合わせた?高断熱設計により、次世代省エネルギー基準をクリア。

断熱性能が高く、省エネにつながる住まいづくりのために、住宅の「省エネルギー基準」が国で定められています。平成25年に、その基準が改正されました。一番の特徴が「一次エネルギー消費量の導入」です。家庭で消費される電気やガスなどの二次エネルギーを、化石燃料や水力・太陽光など自然から得られる一次エネルギーに換算。住まいの総エネルギー消費量を同じ単位で求められるため、住まい全体の省エネ性能が比較・検討しやすくなりました。また、これまでの省エネルギー基準の分かりにくさ解消し、熱性能基準に外皮表面積当たりの熱損失量で考えるUA値(外皮平均熱貫流率)を採用。住宅の規模や形状に左右されにくい基準となりました。日射熱取得料においても、外皮表面積基準とするη(イータ)A値に変更。冷房効率を数値化できます。さらに、気候条件に応じて定められた地域区分を細分化。日本全国を8つの地域に分類し、それぞれの気候特性に則した基準を定めています。「MJ Wood」では、平成25年省エネルギー基準をクリアする仕様をご用意しました。全国どこでも快適に暮らせ、エネルギー資源をムダにしない高断熱な住まいづくりを実現します。

省エネルギー基準

次世代省エネルギー基準の地域区分

図

高性能グラスウールや、2タイプの複層ガラスですぐれた断熱性を実現。

室内の熱が逃げるのをいかに防ぐかが、省エネ対策につながります。「MJ Wood」では、断熱材として高品質・高性能のグラスウールを採用。細い繊維が複雑に絡み合っており、繊維の間にできる空気層がすぐれた断熱性能を発揮します。耐久性も高く、変形や腐食による断熱性の低下が起こりにくいこともメリットです。また、住まいでもっとも熱が逃げやすい開口部には、空気層を設けた複層(ペア)ガラスに特殊金属膜をコーティングした2タイプより採用。より省エネで快適な暮らしをご提案します。

次世代省エネルギー基準の地域区分

図

素材により熱の伝わり方はさまざま。木は断熱性の面でもすぐれた住宅素材です。

住宅の3大素材、木・鉄・コンクリートの熱伝導率の比較実験※で、下面を約7℃の冷水に浸し、上面の表面温度を測定。鉄の急速な温度低下が特に目立ち、逆に木は約10分後でも表面温度は5℃程度しか低下しませんでした。

※ミサワホーム総合研究所調べ

図

ページ先頭へ

Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.