本文へジャンプ
MJ Wood
  • ホーム
  • カタログ請求
  • 各種ご相談

テクノロジー

地震に強い住まい

図

日本全国に広がる大地震の発生リスク。「MJ Wood」は、構造用合板と金物接合の強固な構造で、高い耐震性能を実現。

写真

「MJ Wood」で採用している接合金物を使用した実大3階建建物振動実験では、大地震にも耐え抜く確かな耐震性能を実証しました。※実験および写真提供:木質構造建築物の振動試験研究会(株式会社タツミほか2社による共同プロジェクト)

地震大国・日本に暮らす以上、住まいの地震対策は欠かせません。1995年の阪 神・淡路大震災における死因の80%以上は、住宅の倒壊などによる圧死や窒息死。壊れた家の多くは新耐震設計基準施行(1981年)以前の木造住宅で、柱 や梁の接合部の脆さ、壁の少なさ、屋根の重さ、シロアリ被害や腐朽などが倒壊の主な原因でした。1981年以降の住宅でも、約7割が耐震性に問題があると いわれ、地震対策は必ずしも万全とはいえません。また、上図によると、今後大地震に見舞われる確率が高いとされる地域は太平洋沿岸部に集中していますが、 近年の大地震は発生確率が低いといわれるところで起きています。巨大地震は全国どこでも起きる可能性があるのです。「MJ Wood」は、従来の木造軸組工法と違い、構造用合板を用いて強固な耐力壁を実現。住まいにかかる荷重を“面”でバランスよく受け止める構造や、高強度の 金物接合「MJメタルジョイント」を採用しており、万一の地震でも安心です。

地震で変形しにくい「MJ Wood」。大地震を想定した性能試算の結果、確かな安全性を検証しています。

地震の際、建物の変形量が12cm以上になると建物倒壊の危険性が高まりま す。「MJ Wood」のモデルタイプによる性能試算では、建築基準法の定めた地震の揺れを与えた場合、建物の変形量は2階軒部分で2.79cmでした。建物の剛性が 高いことが分かり、地震時の安全性を確認しています。

建築基準法で定める地震の揺れを許容応力度計算で試算した結果

図:建築基準法で定める地震の揺れを許容応力度計算で試算した結果

マグニチュードと震度の関係。

マグニチュードと震度の関係は、電球の明るさと机の上の明るさとの関係に例えら れます。同じ電球からの光でも、机の位置によって机の上の明るさが異なるように、マグニチュードが同じ地震であっても、震源が遠ければ震度は小さく、近け れば震度は大きくなります。地盤の質によっても震度は左右され、同じ敷地内でも揺れの大きさは異なってきます。

【マグニチュード】

地震のエネルギーを示す値で、ひとつの地震に対してひとつの値です。たとえばM6.2などと表され、マグニチュード(M)が1大きくなるとエネルギーは約32倍も大きくなります。

【震 度】

ある地点で地震の揺れがどの程度だったかを表す値です。観測点によって異なり、 震源から遠くなるほど震度は小さくなる傾向があります。かつては体感および周囲の状況から推定し、震度0〜7の8段階で表していました。1996年から計 測震度計の自動観測となり、震度5と6については弱・強にわけ、合計10段階表示に変更されました。

設計時に、建物の構造安全性を入念に確認。地震に加え、台風にも安心の住まいです。

図

設計時に構造安全性を確認

「MJ Wood」は設計時に、耐力壁の配置バランスや、“重心”と“剛心”の位置などを入念にチェックしています。建物の構造安全性をきちんと確認した上で施工 するので、住まいにかかる水平荷重を建物全体の“面”で受け止め、バランスよく分散。地震はもちろん、地震と同じ水平荷重である台風にも強さを発揮しま す。地震大国であると同時に、台風大国でもある日本で、安心して暮らせる住まいです。

地震や台風などの横からの力に耐える仕組み〈概念図〉

「MJ Wood」は、“面”として一体化された耐力壁と、24o厚の剛床、「MJメタルジョイント」による高精度な接合による強固な住まいを実現。地震や台風による水平荷重を、建物全体にバランスよく伝えることで強さを発揮します。

図
1 地震や台風では、大きな水平方向の力(水平荷重)が建物にかかります。
2 水平荷重は水平構面(床面・屋根面)に伝わります。
※床には24o厚の構造用合板を、小屋には鋼製の火打ち金物を採用することで、剛性を強化しています。
2 水平構面から直交する耐力壁へ、荷重が確実に伝わります。
2 1階耐力壁は基礎とアンカーボルトで緊結。荷重は基礎を通じて地面へと伝わります。

重い家のほうが地震に強い、と思っていませんか。

“壁が厚くて頑丈そう”だから、必ずしも地震に強い、というわけではありませ ん。コンクリート造や鉄骨造の重厚な家は重いので、自重に耐えるために必要な強度もそれだけ大きくなります。地震で建物が受ける力は建物重量に比例するた め、重い家ほど地震で建物にかかる力も大きくなり、地震時の横揺れには不利なのです。一方、たとえば重さが約1/5の木造住宅なら、地震で受ける力も 1/5に。阪神・淡路大震災においてコンクリート造の建物が倒壊し、木造の家が残ったケースはその理由が考えられます。軽い木の家は、地震に有利だといえ ます。

同じ広さの木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の家が、ある一定の地震を受けた場合、水平荷重は木造で30t、鉄骨造60t、鉄筋コンクリート造は150tの力がかかります。(応答加速度が1000ガルの場合)

図

※いずれも各階65m2の総2階建(延床面積130m2)の平均的な住宅を想定。


ページ先頭へ

Copyright © MISAWA HOMES CO., LTD. All Rights Reserved.