住まいを長持ちさせるには

適切なメンテナンスと計画的リフォームが大切。

環境との共生が求められる21世紀。住宅も「使い捨て」は許されません。愛着のある住まいで、いつまでも快適に暮らしていく――そのためには、一時しのぎの増改築や改装ではなく、適切なメンテナンスと計画的なリフォームが不可欠となります。築後の年数やご家族のライフスタイルの変化などに合わせて住まいを再生させ、資産価値を高めていきましょう。

築年数に合わせた最適なリフォームを。

住まいに生じた傷みをそのまま放置しておくと、老朽化が早まってしまいます。例えば屋根なら10年前後というように、外装から内装、各種設備にいたるまで、それぞれ点検・補修が必要な時期があります。
時期を逃すと傷みがひどくなり、メンテナンス費用がかさむことにもなります。
表を参考にして、適切な時期に、適切なリフォーム・メンテナンスを行い、思い出がいっぱいのわが家で、長く快適にお住まいください。

住まいの築年数とメンテナンス費用の目案