MISAWA

写真:見出し 写真:見出し

空間を演出するインテリア
いくらおしゃれな家具をそろえても、部屋とインテリアの調和がとれなくては快適な生活空間とはいえません。理想の住まいを実現するためには、色彩、ファブリックも含めたトータルな住空間をイメージすることが大切です。

家具でインテリアを演出

デザイン性に優れた収納家具は、それだけでお部屋のインテリアとなり、室内を演出してくれます。収納力もあるので、シンプルな空間をよりすっきりすることができます。収納家具の楽しみ方を部屋ごとに考えてみましょう。

リビング

家族が集まるリビングは、くつろぎの場でもあるので、チェストに家族写真やお子さまの絵、植物などを置いて飾りつけを楽しむのもおすすめです。家族が日頃よく使うものを収納しておけるので、いつもすっきり片付きます。

リビング

寝室

一日の疲れを癒してくれるリラックスした空間にするには、大きな面積を占めるベッドをはじめ、インテリアの高さを抑えることです。空間に圧迫感がなくなり、落ち着いた空間に仕上がります。

キッチン

機能性が重視されるキッチンでも、デザイン性の高いものを取り入れることで、暮らしが華やぎます。ゴミ箱やワインボトルの収納ボックスなども、キッチンダイニングのインテリアになります。

キッチン

玄関

玄関には、個性的なチェストボードを置くだけでも印象が変わります。オブジェのようなコートハンガーを選べば、使用していないときは玄関のインテリアとして活躍します。

 

椅子が創り出す特別な空間

家具同様、そこに置くだけで空間を美しく演出する椅子があります。たとえば、ホテルのラウンジに置かれているソファ。そこにあるだけで空間に落ち着きを与えてくれます。自宅にもお気に入りのマイチェアがあることで、いつもの空間が自分だけの特別な場所に変わり、ゆとりや贅沢を感じさせてくれます。

椅子が創り出す特別な空間
 

インテリアとしての照明

あかりを灯す道具として捉えられがちな照明器具ですが、北欧デザインを代表するヤコブセンの照明などは、それだけでもオブジェのような存在感があります。和の空間とも相性がよいので、和室を照らす灯りとしてもおすすめです。他にもデザイン性の高い照明器具はたくさんあるので、お部屋の印象にあうものがきっと見つかるはずです。

インテリアとしての照明
 

色使いの基本

シンプルであることを意識するあまり色をそろえすぎると、なぜかあか抜けない印象になってしまうことがあります。相性のよい色なら3色まで組み合わせてもうるさい印象にはなりません。
部屋の中で大きな面積を占めるソファ、ラグ、テーブルなど大型家具の色使いによって、部屋の印象が大きく変わります。面積が大きいだけに色のバランスを考慮しないと色があふれ、散漫とした印象になるので注意が必要です。 白と黒、赤と緑、黄と青といった反対色でも、それぞれの色を5対5の割合にしなければ、差し色を活かしたコーディネートができます。

色使いの基本
  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]
ページトップへ