MISAWA

写真:見出し 写真:見出し

まずは優先順位を明確に効率的なリフォームを
リフォームが始まる前に予算もプランも決めたはずなのに、いざ工事が進むと「もっとこうしたい」とついつい欲が出てきてしまうものです。その結果、必要以上に費用がかさむことになりかねません。だからといってコストを重視するあまり、リフォームの内容がおろそかになっては本末転倒です。ここでは、リフォームを成功させる、費用の賢い抑え方をご紹介します。

優先順位を明確にする

費用を抑えるには、こだわりたい部分を絞り、メリハリをつけることが大切です。はじめに、家族それぞれの希望や意見を出し合いながら、優先順位を細かく決めてリスト化していきましょう。「キッチンのカウンタートップの材質をステンレスにするか人造大理石にするか」また、「床材はカーペットかフローリングか、大理石か」など、材質や仕上げの違いで、費用も大きく違ってくるので、こだわる部分をよく見極めて、しっかり予算配分をしてください。

追加工事を減らす

リフォームの予算オーバーは、追加工事による場合が多いものです。少しでも減らすために、プランニングの段階で細部にわたってチェックしておきましょう。窓をはじめ、コンセントやスイッチの位置、部材の色や材質など、工事途中で変更すると追加費用が発生する場合があります。
ただし、壁を解体して初めてわかった構造部の傷みなどは、住まいの安全にとって補修が必須な部分です。例外と考えましょう。

予算オーバーに陥ったら

予算オーバーになりそうなときは、最初に決めた優先順位リストに照らし合わせて再チェックを。タイル貼り希望の外壁を、部分的に貼る、タイルのグレードを下げる、再塗装する、また大理石の床材を、大理石調フローリングにするなど、折り合い地点を見つけていくことができます。

予備費を確保しておく

予算全額をリフォーム費用につぎ込むのではなく、追加工事など想定外の出費に備えて予備費を確保しておくことも大切です。リフォーム予算を検討する際は、総予算の10〜30%を予備費として確保しておくとよいでしょう。総予算が300万円の場合、当初のリフォーム予算を210〜270万円に設定し、予備費として30〜90万円を確保しておけば、いざというときに安心です。

後悔しないリフォームを

コストダウンだけを考えてあきらめを残すようでは、結局かけた費用がムダになってしまいます。あと少しプラスするだけで期待以上の満足や快適性が得られる場合も。特に毎日使う部分は、後々「やっぱりこうしておけばよかった…」という後悔が生まれがちです。使用頻度も考え合わせて予算配分をしていきましょう。

デザイン力で豊かな空間に

限られた予算の中でも、空間をグレードアップできる方法もあります。巾木や枠材、建具などの材質やライン、寸法を揃えて空間を整理することで、引き締まった美しいデザインのインテリアに。また、照明を変えてみるだけでも、ガラッとイメージが変わり、表情豊かな空間にできます。予算がないからとあきらめずに、リフォームエンジニアにご相談ください。

まとめるとお得な組み合わせ工事例

浴室+洗面室+給湯器

水廻りの設備はまとめて交換する方がお得です。省エネ型給湯器に交換したり、浴室換気乾燥機と同時に脱衣室にも暖房を後付けしたり、最新の機能も導入できます。

外壁+屋根(+雨樋+外装部分)

外装のリフォームに不可欠なのが足場代と養生代。ともに10年前後がメンテナンスの目安ですので、同時に行えば、費用も手間も一度で済みます。

フローリング+床暖房(+次世代省エネリフォーム)

フローリングの張り替え時に床暖房一体型にすれば、段差がなく安全で、足下から温かな暮らしに。

増築or窓の増設+外壁メンテナンス(+耐震補強)

増築はもちろん、窓を増やす工事は外壁工事も伴います。一部壊して工事する外壁を、メンテナンスを兼ねて一緒に塗り直してしまうと、増設・増築部分がすっきりなじむ外観になります。費用も別々に工事するより経済的です。
  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]
ページトップへ