写真:見出し 写真:見出し

見せる、隠す、しまう収納で
オリジナル収納をデザインしましょう
収納というと、"しまう"ことをイメージしますが、お気に入りのものやコレクション、普段よく使うものをインテリアの一部のように飾ってインテリアコーディネートを楽しむ、こうした「見せる収納」も収納スタイルの一つのです。細々したものは扉の内側に収納し、頻繁に使うものは表に出してすぐに使えるようにすると実用的です。我が家の収納を見直し、見せる、隠す、しまう収納を取り入れた収納計画を立ててみましょう。

見せる収納

見せる収納

お気に入りのコレクションや小物は、飾って見せるスペースをつくりましょう。キッチン用品などもよく使うものは、すぐに取り出せ、すぐにしまえるように、飾る感覚の「見せる収納」が便利です。

隠す収納

隠す収納

掃除機やミシン、薬箱など、さっと取り出したいけれど、お客さまにはあまり見せたくないというものは、扉のある収納がベスト。壁面と一体化した「隠す収納」にすれば、空間はいつも美しいままです。

しまう収納

しまう収納

普段使わない実用品や季節もの、大きくてかさばるものなどは、集中収納のスペースにしまえば、いつも部屋を広々と使えます。思い出の品なども「しまう収納」で大切にとっておけます。

「見せる」と「隠す」のバランスは、5:5を目安に

「見せる」と「隠す」のバランスは、5:5を目安に

「見せる収納」をいっそう引き立てるには、すっきりした空間づくりが必要です。そのためにも「見せる」もの以外は、上手にしまうことがポイントです。「見せる」と「隠す」のバランスは、5:5を目安にするとよいでしょう。

まずは、収納計画からスタート

「見せる」「隠す」「しまう」3つの収納を組み合わせて、我が家オリジナルの収納計画を立ててみましょう。どんなに収納スペースを増やしても、必要のないものを収納していては、限りのあるスペースはいっぱいになってしまいます。収納計画を立て、必要なもののリストアップをして分類、整理することが大切です。

ストレスなくラクに片付けられる収納計画が大切

ストレスなくラクに片付けられる収納計画が大切
  • ポイント1
    簡単な動作・ラクな姿勢で片付けられること。
  • ポイント2
    使う場所や動線上に収納を設けましょう。
  • ポイント3
    収納は使うものの大きさに合わせましょう。
  • ポイント4
    どこに何があるか、ひと目でわかるように。

空間をいつも美しく保てる収納を心がけましょう

空間をいつも美しく保てる収納を心がけましょう
  • ポイント1
    収納の絶対量不足を解消しましょう。
  • ポイント2
    インテリアとコーディネートしましょう。
  • ポイント3
    好きなモノはあえて見せる収納に。
  • ポイント4
    空間に凹凸をつくらず、線をきれいに整理すること。

理想の収納が完成しても、片付けなくしてすっきりした空間は実現しません。各部屋において、必要なもの不要なものを確認しましょう。特に家族のものが集まりやすいリビングでは、置くものを最小限に留めること。普段必要なものは定位置を決め、使ったら必ずもとに戻すことを心がけるようにすると、いつも片付いた空間が保てるようになります。きれいな空間では、片付けも楽しくなるという相乗効果も期待できます。

ローディング
閉じる
クリップリスト