本文へジャンプ

実践!リフォーム塾

リフォームに対する知識やノウハウを深めて、理想のわが家を実現しましょう!

8月のテーマ 広がり演出テクニック

ゆったりくつろげる広いスペースが欲しいと思っても、敷地にも室内にも余裕のない場合が少なくありません。限られた空間を広く見せる条件は、室内がすっきりときれいにまとまっていること。内装の色づかいや素材、間仕切りなど視覚的な工夫をすることで、同じ面積であっても、空間にゆとりを感じさせ、広々とした印象の住まいにすることが可能です。そのためのテクニックをご紹介しましょう。

色や光を使いこなす

同じ面積・天井高の室内でも、色や光などの視覚効果によって広く見えたり狭く見えたりします。効果的な使い方を工夫してみましょう。

素材で広さを演出する

鏡や透明ガラスを上手に取り入れることで空間に奥行きが生まれます。

リフォームで開放感ある空間に

部屋のスペースを見直してみることが、狭さを克服するポイントです。


ページ先頭へ
視覚効果 素材の演出 リフォーム案