MISAWA

写真:見出し 写真:見出し

普段の生活を楽しみながら、
将来も元気に安心して過ごせる家
子育てが終わり、仕事も定年退職の時期を迎える50〜60歳代は、「第2の人生」を謳歌する楽しみがあると同時に、将来訪れるであろう「老い」への不安にも向き合わねばならない年代でもあります。高齢を迎えてから、身体状況の変化のたびに住まいを改修するのは大きな負担となるもの。元気なうちに、今からできることとして、将来を考慮した準備(先行配慮)も検討してみてはいかがでしょうか。「今の生活を楽しみながら、将来も元気に安心して過ごしたい」、そんな住まいのあり方をリフォームが実現します。

今と将来の生活を考えた2段階配慮設計

写真:壁をガラスに変える

今を楽しみながら、家族の健康に変化が生じた際も対応できる住まいのために、「基本」と「将来」の「2段階配慮設計」という考え方があります。手すりの設置や段差解消など「基本」となるユニバーサルデザインリフォームに加え、家族の健康に変化が生じた「将来」も、少しの変更で個別の状況に対応できるように配慮します。

第1段階 基本設計のバリアフリー

  • ・引き戸への変更
  • ・手すり
  • ・浴室・洗面暖房
  • ・滑りにくい床仕上げ
  • ・高断熱・高気密 ほか

先々に備える 先行配慮リフォーム

住み慣れたわが家に長く住み続けるためには、将来、リフォームしやすくしておくことが重要です。そこで、元気なうちに考えておきたいのが、将来の変化を見据えた「先行配慮リフォーム」です。基本設計のバリアフリーに加えて、「将来手すりを設置できるように下地を入れておく」、「将来スロープを作れるようにスペースをとっておく」などの「先行配慮」をしておくことで、いざ必要となったときに、手すりの設置やトイレの増設といった個別対応がしやすくなります。

将来の個別対応をしやすい先行配慮

  • ・手すり下地設置
  • ・トイレの配管設置
  • ・キッチンの電化回路確保
  • ・玄関段差解消機用電源の設置 ほか
  • 手すり下地設置
    動作を補助する手すりは、浴室への出入り口や腰掛椅子の近くに設置を。移動や増設を考え、あらかじめ下地補強だけでもしておくとよいでしょう。
  • トイレの配管設置
    将来の介護対応も含めて考えると、1階和室など利便性のよい部屋を寝室に設定。押入など直接アクセスできる場所をトイレに変更したり、そのための配管工事だけでも事前に行っておくと安心です。

身体の変化に合わせた個別対応のバリアフリー

加齢により身体機能が低下したり、介護が必要になった場合、健康状態に合わせて、個別に「高齢・虚弱対応」または、「介護・障害対応」のバリアフリーにリフォームします。実際に必要になった段階でリフォームすることで、無駄なコストを抑制。個別のバリアフリー設計のため、必要な設備のみで対応できます。

第2段階 高齢・虚弱対応のバリアフリー

  • ・手すり増設
  • ・キッチンの電化
  • ・床暖房等空調見直し
  • ・照度の引き上げ・明暗差の解消 ほか

第2段階 介護・障害対応のバリアフリー

  • ・専用の寝室・トイレの設置
  • ・広い水廻りスペースの確保
  • ・車椅子の通れる廊下
  • ・玄関段差解消機の設置
  • ・アプローチのスロープ設置 ほか
  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]
ページトップへ