MISAWA

写真:見出し 写真:見出し

ライフスタイルに合わせてさまざまな楽しみ方を
ホームシアターをつくるにはある程度の広さがあれば実現できます。家族みんなで楽しめるリビングでのシアターづくりがおすすめですが、使っていない和室を活用したり、子供達がすでに独立しているご家庭なら子供室などをホームシアターに変えることも可能です。大勢でわいわいスポーツ観戦やゲームを楽しむもよし、一人で映画に浸るのもよし。ライフスタイルに合わせて快適なホームシアターを実現したいものです。

リビングをリビングシアターに

家族の集まるリビングをリビング兼ホームシアターにするには、それほど大掛かりな改装は必要ありませんが、防音対策をしておくとよいでしょう。天井や壁を吸音材で仕上げたり、フローリングの床にカーペットを敷くだけでも効果があります。大型液晶テレビを壁掛けする、またはテレビを収納できる大型の収納システムを設置すると空間がすっきりして見え、リビングとして使用する際も違和感がありません。

写真:リビングをリビングシアターに
column
本格的にリビング兼シアターにしたい場合は、内装を防音仕様にしたり、ドアや窓などの開口部から音をもらさないよう防音対策をすることをおすすめします。シアターとして部屋を暗くさせるため、窓周辺は、雨戸や遮光カーテンで遮光対策もしておきましょう。

寝室をくつろぎのシアタールームに

くつろいで映画や音楽を楽しみたいなら、寝室をシアタールームにしてみては。ただ、寝室に大掛かりなAV機器を設置したくなかったり、リビングほどスペースに余裕がなくAV機器を設置できないということもあるでしょう。そこで注目したいのが、ブルーレイレコーダーの多くに搭載されているDLNAサーバーという機能です。DLNAサーバーを使ってレコーダーとディスプレイをLANでつなげば、リビングのブルーレイレコーダーに入っている映像やサウンドを他の部屋でも楽しむことができます。ディスプレイを設置するだけで、すっきりシンプルに寝室のホームシアターを実現できます。

バスタイム

寝室同様、DLNAを使えばバスルームでも映像を楽しむことができます。また、最近のAVアンプに搭載されているマルチゾーンという機能を使えば、リビングに置いてあるミュージックプレーヤーやサーバーに入っている音楽をバスルームの防滴スピーカーで楽しむこともできます。AVアンプのマルチゾーン機能は、どの部屋にも対応できるので、楽しみ方の可能性が広がります。

使っていない和室や子ども部屋をシアタールームに

和室は押入れなどのスペースを有効に活用して、ホームシアターにリフォームすることが可能です。内装を和室から洋室に変更し、配線も天井内にすっきり収納。押入れのスペースには、DVDソフトなどをたっぷり収納できるラックもビルトインします。 また使わなくなった子ども部屋など2部屋を1部屋に改装し、ゆとりあるリビングシアターに改装するのも一つの方法です。

  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]
ページトップへ