本文へジャンプ

実践!リフォーム塾

リフォームに対する知識やノウハウを深めて、理想のわが家を実現しましょう!

12月のテーマ うまくいく二世帯同居

日本の伝統的な住まい方である二世帯同居が再び注目されています。子育て期のサポートや、親の介護など、親世帯、子世帯、どちらかの生活の変化を機に検討するご家庭が多いようです。親、子、孫の三世代がひとつ屋根の下に暮らす二世帯同居は、難しいことのように思われがちですが、お互いの生活を尊重し合う同居スタイルを見つければ、助け合って生活できる、安心で快適な住まいになります。一言で二世帯住宅といっても、そのスタイルは各家庭によってさまざま。ご家族の暮らしに合わせた3つのプランをご提案します。

伝統的な完全同居スタイル

寝室を除くすべての空間を親世帯・子世帯が共有するスタイル。

お互いの気配を感じつつプライバシーも保つ

必要に応じて玄関、キッチン、浴室などを共有しつつ、世帯別に生活空間を分けるスタイル。

干渉しすぎずプライベートを重視

一軒の中を、上下または左右に区切って暮らすスタイル。


ページ先頭へ
完全同居 ほどほど同居 別々同居