本文へジャンプ

実践!リフォーム塾

リフォームに対する知識やノウハウを深めて、理想のわが家を実現しましょう!

1月のテーマ「断熱リフォーム」で冬の節電対策

寒さがぐっと深まり、暖房を利用する機会が増える冬。寒い日は、家の中を温かくしてぬくぬく過ごしたくても、気になってしまうのが電気代やガス代などの光熱費です。冬の節電対策というと、暖房器具の省エネ性能に目がいきがちですが、住まいそのものにも熱を守る力を備えることが大切です。エネルギーの無駄使いを減らすためにも、住まいの断熱性能に目を向けてみましょう。今回は、家を暖かく保つ「断熱リフォーム」の効果についてご紹介します。

冬は暖かく、夏は涼しい家づくり

住まいの断熱性能を高めることで一年を通して快適な暮らしに。冷暖房の効率も格段にアップします。

断熱リフォームのポイントは窓

外気の影響を受けやすい「窓」を見直すことで、住まいの断熱性能は格段にアップします。

天井・壁・床を見直し、熱の流出をシャットアウト

暑さ寒さの問題はご家庭ごとにさまざま。お悩みに合わせて、熱の流出を見直すことが大切です。


ページ先頭へ
断熱とは 窓断熱 天井・壁・床の断熱