MISAWA

写真:見出し 写真:見出し

太陽光発電の設置までをチェックポイントで確認
「太陽光発電システム」を設置するには現地調査や、補助金の申請などやるべきことがたくさんあります。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、工事会社にお願いをすれば、ほとんどの手続きを代行してくれるので安心です。とは言え、どのようなことをするのかは事前に知っておきたいもの。そこで設置までの段取りを追いながら、それぞれのチェックポイントをご紹介します。

効率的に発電できるように、現地調査を行いましょう

「太陽光発電システム」の発電量は住宅の向きや、周辺の建物の形状によってかなり違いがあります。たとえばソーラーパネルを設置する向きは真南がもっとも効率が良いとされており、真南の発電効率を100%とした場合、南東・南西では約95%、真東・真西では約80%程度になります。また、設置する角度によっても違いがあり、もっとも効率的な角度は30度と言われています。そこで工事の前には現地調査を行い、最適なシステムの提案をしてもらうことをオススメします。

column
ミサワホームでは、航空写真を活用し、お住まいのご住所と屋根の形、方向を入力するだけで、年間発電量や家計貢献金額はもちろん、お住まいの地域の補助金までがわかる「ソーラー設置診断」を行っています。診断結果を元に、お見積り依頼も受け付けています。
ソーラー設置診断 航空写真で太陽光発電量をシミュレーション

補助金の申請について確認しましょう

「太陽光発電システム」には設置費用に対して国からの補助金制度があります。その金額は1kWあたり1万5000円から2万円です。一般的な容量の3〜4kWの「太陽光発電システム」を設置するとすれば、およそ4万5000円から8万円の補助が受けられます。また、都道府県によっては、独自の補助金制度を設けている場合もあるので各自治体に問い合わせてみましょう。

申請については工事会社に相談しましょう

くわしくは「一般社団法人 太陽光発電協会 太陽光発電普及センター」のホームページで確認できますが、実際の手続きは工事会社に申請を代行してもらうのが一般的です。

 

設置後は、モニターの見方などを確認しましょう

通常の設置工事は、工事の規模にもよりますが、3日から1週間程度で完了するのが一般的です。家の中のリフォームのように、家具の移動などをする必要はありませんが、念のために、工事前にすることがないか工事会社に確認しておくと安心です。工事が終わったら、システムが正常に作動するか工事会社と一緒にチェックします。発電量などを確認するモニターの見方なども、この時に聞いておきましょう。

写真:設置後は、モニターの見方などを確認しましょう
  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]
ページトップへ