MISAWA

リフォーム箇所で選ぶ

写真:見出し 写真:見出し

外壁リフォームの基本情報
住まいの外壁は雨や風、日差し、土ボコリ、気温の変化などにさらされています。外壁は、自然環境から中に住む人の生活を守り、建物そのものを守る重要な役割を果たしています。また、外壁は人目に触れやすい場所。外壁リフォームでは、機能面だけでなく美観を向上させる役割もあるのです。

劣化を防ぐチェックポイント

外壁は年月が経つに連れて、耐久性と美観が損なわれてきます。そのため、こまめにチェックして適切な時期にリフォームすることがとても大切。外壁リフォームのタイミングは、住まいの立地や環境によって異なりますが、新築してから10〜15年後が1回目のリフォームの目安になります。
ここでは自分たちでもできる簡単な劣化チェックポイントをご紹介します。定期的に外壁をチェックすることで、適切なリフォーム時期を知ることができます。

外壁リフォームのチェックポイント

  • □ 塗装がはがれて(浮いて)いませんか?
  • □ ヒビが入っていませんか?
  • □ カビやコケが生えていませんか?
  • □ チョーキングが起きていませんか?

※チョーキングとは塗装表面の膜が劣化し、塗装が次第に粉状になって消耗していくものです。触ると手に白い粉がつきます

外壁リフォームのチェックポイント

外壁の素材と特徴

外壁に使われる素材は、砂・セメント・水を混ぜたモルタルや、ボード状の外壁材であるサイディング、耐久性に優れているタイルが一般的です。それぞれに応じたリフォームがありますから、チェックしてみましょう。

モルタル壁の場合

下地となるモルタルに樹脂系の塗料を塗ります。使われる塗料には、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッソ塗料があり、それぞれ耐久性と価格が異なります。一般的に、後者になるほど耐久性が長く高価になります。

サイディング壁の場合

サイディングも、表面は塗装による皮膜で守られています。そのため、モルタル壁と同様に定期的に樹脂系の素材を塗り替える必要があります。また、シーリング(コーキング)工事と呼ばれる、サイディングの継ぎ目部分の防水加工も、定期的に行うといいでしょう。

サイディング壁の場合

タイル壁の場合

タイル張りは耐久性に優れ、塗り直しは必要ありません。従来のセメントモルタルでタイルを付ける方法ではなく、最近では接着剤で付けたり、レールやボードのくぼみに取り付ける方法が主流となっています。この場合、目地のメンテナンスもほとんど必要ありませんが、欠けや割れがないか定期的に点検、補修をおすすめします。

タイル壁の場合
  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]
ページトップへ