MISAWA

リフォーム箇所で選ぶ

写真:見出し 写真:見出し

高性能な塗料で、快適な住まいづくりを
住まいにとって、置かれる環境は一軒一軒異なります。それぞれの環境に合わせて、最近では様々な機能を持った塗料があります。ここでは、住まいの劣化状況や自然環境に合わせた塗料の選び方、種類についてご紹介します。

外壁塗料から見る、リフォーム計画

住まいを快適に長持ちさせるためには、長期的なリフォーム計画が大切です。行き当たりばったりのリフォームでは、かえって高くつくことも。リフォーム計画の全体像を見る方法として、外壁塗料の耐年数を軸に考えてみるのはいかがでしょうか。外壁に使われる樹脂系の塗料の種類は、大きく分けて次の4つ。後者になるほど耐用年数が長く、価格は高くなります。

アクリル塗料

紫外線に弱く、日光が直接あたりにくい住まい向きの塗料。耐年数は5〜7年程度。

ウレタン塗料

紫外線に強く、水はじきがいい塗料。耐年数は8〜10年程度。

シリコン塗料

紫外線に強く、親水性があり防汚性が高い塗料。ウレタン塗料に比べて、防汚性が高い。耐年数は12〜15年程度。

フッ素塗料

耐久性に最も優れる塗料のひとつ。耐年数は15〜20年程度。

価格の差は気になるところですが、塗装工事全体でみると、塗料材料費自体の割合はそれほど高くありません。塗装する手順で説明したように、足場を組む、養生をする、下地の調整をするなどの作業は、どの塗装でも行う必要があり、同じ人件費がかかるからです。一定の期間に何度も塗り直すよりは1回で済ませたほうが、長期的にみれば安上がりとなるケースもあります。

住まいに合わせて機能を選ぶ

外壁塗料には、住まいの自然環境や状況に対応するため、様々な機能を持たせた塗料もあります。機能の種類について、詳しく解説していきます。

防カビ・防藻性のある塗料

防カビ・防藻剤が添加されている塗料で、微生物の増殖を抑えたり死滅させる作用を持つ塗料。カビや藻が付着する状態を防ぎ、住まいの美観を守ります。

低汚染性のある塗料

セラミックや酸化チタンなどの特殊な成分を含めることで、外壁に雨ジミやホコリを付きにくくする塗料。ナノテク塗料や光触媒塗料は、紫外線や雨水で含まれる成分が反応して、外壁の汚れを自分で落とします。

熱から住まいを守る遮熱塗装

真夏の日差しなど、外部から室内へ伝わる熱を抑える効果があるのが「遮熱塗装」です。室内の気温上昇を抑えられるので、節電・省エネにもつながります。一般的な塗装工事と工期は変わりませんし、カラーバリエーションも豊富。さらに、ミサワホームイングでは10年間長期保証が設定されているので安心です。外壁リフォームでは、ぜひ使用を検討したい塗料です。

熱から住まいを守る遮熱塗装
  • ミサワホーム「4つの育む」
  • 住まいを通じて生涯のおつきあい[ミサワホーム]
ページトップへ