写真:見出し 写真:見出し

快適な住まいを維持する防蟻リフォームとは
暗くて狭い床下は、一般の方にとってはブラックボックスのようなもの。一度シロアリの被害を受けてしまうと、その根絶は容易ではありません。より完全な処理や予防の観点からプロに依頼することをお勧めします。

主な防蟻処理(シロアリ対策)

木部処理

現在多くの新築戸建て住宅は、地盤から1メートルの高さまでの木部に薬剤を吹きつけ、または刷毛などで塗布する防蟻処理を行っています。この薬剤の有効期間はほとんどが5年。期間ごとに再度処理することで長期間シロアリ被害を防止することができます。

木部処理

土壌処理

ヤマトシロアリやイエシロアリといった土壌性シロアリは、土の中から基礎などを伝って建物内に侵入します。それを防ぐために、土壌に薬剤を散布しシロアリを寄せ付けないようにする方法が土壌処理です。この方法は、地下水の汚染を防ぐように慎重な施工が求められます。

ベイト工法

ステーションと呼ばれる容器に駆除剤を混入したエサを入れ、それを食べたシロアリを処理する方法です。シロアリは体を清潔に保つため、仲間同士でお互いを舐め合う習性があります。ベイト工法はこの習性を利用して薬剤を伝播させ、最終的に全滅させます。ステーションは基本的に、建物の周囲に数メートル間隔で設置します。

ミサワホームイングのリフォーム防蟻工事

ミサワホームイングの防蟻工事には、うれしい3つの特長があります。

1.無公害だから安心

ヒバから抽出した成分をメインとした薬剤を使用。人体にも環境にも安全な、無公害防蟻工法です。

2.一般工法の2倍。10年の長期保証

一般的な防蟻工事の保証期間は5年。しかしミサワホームイングでは薬効が長期間維持できる工法を採用しているため、10年の長期保証を実現しています。

3.メンテナンス費用を2分の1に軽減

一般的な防蟻工事では5年ごとのメンテナンスが必要です。ミサワホームイングなら10年ごとのメンテナンスでOKなので、費用も2分の1で済みます。

(参考)ミサワホームイング「リフォーム防蟻工事」

ローディング
閉じる
クリップリスト