Designing Garden

北面道路アプローチプラン

風格ある佇まいを演出する、北面道路アプローチプランをご紹介。

アプローチをあえて広めに、風格ある佇まいを演出

長めのアプローチは歩くリズム、視線の向きなどが単調にならないようなデザインを。
駐車スペースから玄関に直接行けるルートをつくっておくと便利です。縦に2台駐車できる駐車スペース。急な来客にも安心です。

間取り

アプローチは、スペースをいっぱいに使って、ゆったりとした空間を確保。通常、アプローチは最短距離を結ぶようコンパクトにデザインすることが多いですが、ここを意図的に広く取ることで、風格のある佇まいを演出することができます。
植栽も、花や実がなる植物、香り、葉ずれの音・新緑や紅葉の美しい葉などを選ぶと、心地よく五感が刺激されます。加齢配慮として手摺を設置したり、ベンチなどを荷物台と兼ねて、玄関前やアプローチ周辺に配置しておくのもよいでしょう。
駐車スペースは縦列2台分を確保しています。

なるほど!アイディア

加齢に配慮したアプローチ

ご高齢の方がいる住まいではアプローチにも特別な配慮が必要になります。自立して歩ける場合でもできるだけ楽なステップにした方が安全です。つまづきやすい段差は特に注意が必要。素材の色を変えたり、照明の設置も有効です。

南面主庭プラン

自然に囲まれて過ごす、アウトリビング

庭

手入れに少々手間がかかっても自然に囲まれて過ごしたい、という方に。高木の木陰でゆったりとくつろげるように、大きなデッキを配置。限られたスペースをデッキと芝生などの庭に二分するよりは、植込み以外をすべてデッキとしてしつらえることをおすすめします。
ティーテーブルを置くなら、デッキは3m×3mくらいのスペースが必要。夏場に葉が生い茂り、冬場には葉を落とす落葉樹は、日差しや空気の流れを上手にコントロールできる微気候デザイン。
リビングの南側に植えれば、夏は木陰で涼しく、冬は暖かく暮らせます。

なるほど!アイディア

アウトリビングのアクセント

A バーベキューや焚き火など、火を使ったアクティビティも庭の楽しみ一つ。囲炉裏風の炉をベンチで火を楽しむスペースはいかが。

B 十分なスペースがない場合は、壁泉を取り付けて室内からのフォーカルポイントに。