本文へジャンプ

次世代省エネリフォーム

冬はあたたかく、夏はすずしく。快適性と経済性を兼ね備えた、理想の住まいをご提案します。

写真: 室内のイメージ

写真: 室内のイメージ

写真: 室内のイメージ

地球環境と家計にやさしく、季節を問わず快適に過ごせる住まいづくり。
それが、ミサワホームイングの提案する『次世代省エネリフォーム』です。
そのポイントは、高断熱・高気密。
熱の流出と侵入を防ぐのでエアコン効率が大幅に向上し、
わずかなエネルギーで冬あたたかく、夏すずしい、新築並みの住宅性能を実現します。
「冬場、お部屋がなかなかあたたまらない」、
「冷房の効きが悪く夏の電気代が気になる」
といった住まいの悩みもすっきりと解消。
地球も、わが家も、住みやすく。
そんな願いに満ちあふれた『次世代省エネリフォーム』で、住まいの断熱性能をぜひ見直してください。

夏すずしく、冬あたたかい快適な住環境

夏は暑くて、冬は寒い。そんな悩みを解消するのが高断熱・高気密な住まい。外気の影響を受けにくいので、一年を通してお部屋の温度が一定に。快適な毎日が送れます。

温度のバリアフリーを実現

断熱性能を高めれば、リビングから廊下、トイレ、お風呂まで、家全体の温度差が小さくなります。あたたかい空間から寒い空間に移動したときに起こるヒートショックの心配も緩和されます。

オープンな間取りも思いのまま

断熱性能が低いとオープンな間取りでの冷暖房効果が下がります。高断熱・高気密住宅なら、大空間も効率よく快適に。大きなリビングやロフトなど、自由な設計が可能です。

冷暖房の効率化により光熱費を節約

断熱性能の高い住まいでは、室内の熱が外に逃げにくく、屋外の熱が室内に入りにくいため、冷暖房効率が格段にアップ。電気代やガス代などの光熱費を大幅に節約できます。

結露を防いで住まいの耐久性をUP

結露は木材を腐らせるため、建物の耐久性を下げてしまいます。またカビやダニの発生原因にも。家全体の断熱性能を上げ結露を防げば、大切な住まいやご家族の健康が守れます。

お部屋の空気はいつもクリーン

気密性を高め、換気計画をすることで効率よく換気ができます。汚れた空気を外に出し、新鮮な空気をお部屋に入れるので、家中がいつでもクリーン。健康的な室内環境が保てます。

CO2の削減で地球温暖化防止に貢献

地球温暖化の原因となるCO2。断熱性能の向上により、冷暖房エネルギー消費量を抑える省エネ住宅なら、CO2排出量も大幅にカット。地球温暖化対策にも貢献できます。

「次世代省エネ基準」とは

昭和55年に制定された「省エネルギー基準」は、気候の違いを考慮した地域ごとの住宅断熱性能基準のこと。その後の改定を経て、平成11年に告示されたのが「次世代省エネルギー基準」です。改定のポイントは地球温暖化防止の観点から見た断熱性能の強化。断熱性能や気密性能に加え、日射遮へいなどの建築的な省エネ手法基準が設けられたことで、快適性も大幅に向上しました。つまり「次世代省エネルギー基準」は、環境と家族にやさしい住宅基準といえるのです。

「次世代省エネリフォーム」を、様々なプラント組み合わせ。プラス快適性を実現する、賢くお得なリフォームを!

ユニバーサルデザインリフォームにプラス!

快適性能を高めるユニバーサルデザインに温度のバリアフリーを加えれば、住まいはより快適に。

防犯対策として断熱・遮熱効果のある窓ガラスを選べば、同時に快適性も確保できます。

耐震リフォーム(MGEO-R)にプラス!

内・外装を剥がして行う耐震補強リフォームは、同時に断熱工事を行うチャンスです。

床板を剥がした際に断熱工事も行えば、ランニングコストが大幅に引き下げられます。

防音リフォームにプラス!

窓や壁の遮音&断熱を同時に実現。音だけでなく熱の出入りも防げるので、より快適な室内環境が整います。

断熱により冷暖房効果を上げれば、吹き抜けや大空間など、より開放的な間取りが実現します。


ページ先頭へ