本文へジャンプ

“はなれ”を支える技術

  • “はなれ”の活用術
  • “はなれ”の特長
  • “はなれ”を支える技術
  • プランニングの流れ

“はなれ”を支える技術

“はなれ”を支えるミサワホームイングの安全・安心技術。

“はなれ”を快適で安心して過ごせる空間にするためにミサワホームは建物づくりで培った技術を離れにも採用。母屋同等の快適性と安全性で夢の実現をお手伝いします。

技術1 木質パネル接着工法による「モノコック構造」

ジェット機もモノコック構造

木質パネル同士を高分子接着剤とスクリュー釘で面接合。床・壁・天井面のすべてが一体化した強固なこのコック構造の建物をつくります。どの方向から荷重がかかっても建物全体に分散して受け止めるため、部分的なひずみやくるいが生じにくく、すぐれた強度を発揮します。

ミサワホーム独自の木質パネル/床・壁・天井を強固に接合

技術2 実証された耐震性

ミサワホームは、実大建物振動実験を実施。阪神・淡路大震災の最大地面加速度(818ガル)以上の揺れを再現しても構造自体の強度に関わる損傷はなく、すぐれた耐震性を実現しました。

実大3階建建物振動実験

技術3 燃え広がりを防ぐ耐火性

木質パネルは、格子状に内部を区切る横軸材がファイヤーストップ効果を発揮。室内から失火しても、延焼を抑えます。また、隣家からの類焼を抑える対策も施して、被害を最小限に留めます。

防火構造の外壁材(イメージ)

技術4 夏涼しく、冬暖かい断熱性

木質パネルを面接合して気密性を高めた上で、充填した断熱材の性能を効果的に引き出すトータルな断熱設計を施しています。冷暖房の効率が良いため、光熱費も削減できる、省エネルギーな空間です。

壁の断熱構造

技術5 自然に負けない耐風・耐積雪性

強靱なモノコック構造は大型台風にも余力を持って耐え、大雪による荷重もバランスよく受け止めます。この余力設計により、標準仕様のままで、後からでも太陽光発電システムの搭載が可能です。

風圧を建物全体に分散する構造

技術6 強さを長持ちさせる耐久性

建物の劣化を防ぐために、壁や屋根に使用する木質パネルには防水・防湿対策を多重に施します。また、シロアリの防除には、土壌や室内の空気を汚さない無公害防蟻床工法を採用しています。

無公害防蟻床工法

技術7 建ててからも安心のサポート体制

工事には保証書を発行し、リフォームエンジニアがアフターサポートを行ないます。
また、緊急の場合には、ミサワホームの「お客様相談センター」で24時間365日体制でご相談を受け付けています。

お客様相談センター

“はなれ”と一体で楽しめるアウトリビングを100%リサイクル素材「M-Wood2」で。

「M-Wood2」は、木の風合いを再現した100%リサイクル素材です。耐久性・耐水性にすぐれ、メンテナンスも簡単。室内との一体感を演出するデッキをはじめ、多彩なアイテムをご用意しています。

「M-Wood2」製のデッキでつくったアウトリビング
日除けにもなるパーゴラ
風は通し、視線は遮るフェンス
木の風合いのベンチ

ミサワホームイングは“はなれ”を戸建て品質でご提供しています。

  • “はなれ”の活用術 “はなれ”のさまざまな活用法をご紹介します。
  • “はなれ”の特長 ミサワホームイングならではの“はなれ”の特長をご紹介します。
  • “はなれ”を支える技術 戸建てと変わらない技術と品質で“はなれ”をご提供します。
  • プランニングの流れ お客様のご要望に応じてさまざまなタイプから設計できます。
無料相談・お見積り お問い合わせはコチラ

ページ先頭へ