• 神奈川県Aさま邸

    築26年

    広々とした間取りやデザインが気に入り、87年に当時発売されたばかりのミサワホーム「チャイルダーA3」を建てられたAさまご家族。

    「25年を過ぎると給湯器や網戸、壁材などに傷みが生じ、修繕の必要性を感じていました。しかし、愛着ある住まいなので、建て替えることは考えられませんでした」

    というご主人さま。お母さまとの同居を機に、A3の丈夫な構造を活かして、全面的にリフォームすることを決意されました。

    担当のリフォームエンジニアより、お母さまのお部屋からもトイレに直接出入りできる扉を提案されたというご主人さまは、

    「他にも、手すりやスイッチを介護施設と同じ高さに設置するなど、細やかな設計のおかげで母も暮らしやすいようです」 と、その配慮に感心されたそうです。

    Aさま邸のリビングは、食堂、客間、2人のお嬢さまの勉強部屋、奥さまのパソコン作業場と、さまざまな用途に使われます。

    「以前は壁付けキッチンのため生活感が丸見えでしたが、対面式キッチンに変え、書机を設置したことで空間にメリハリがつきました。我が家は個室があってもみんながリビングに集まる家なので、居心地の良さに機能性が加わり、家族の時間がより豊かになりました」

    と、奥さまもお喜びのようです。

  • 奥さまがこだわったのは分別用のゴミ箱が3箱収納できる引き出し(左手前)と食器洗い乾燥機。「すべてが収まるのでキッチンがスッキリしました」

  • 洗面台と洗濯機上には収納力たっぷりの棚を設置。「リフォームだと、『ここに何がほしい』がわかっているので、失敗がありません」と奥さま。浴室は3枚引きの扉で、広々したと明るさを実感されています。

  • トイレに直接出入りできる扉(右奥)がついたお母さまのお部屋。リフォームエンジニアからの提案で畳敷きをテキスタイルフロアにしたところ、冬は温かく夏は涼しい素材で、お母さまもお喜びです。

  • 収納折りたたみベンチは、お母さまが靴をはく際に重宝しているそう。奥さまも、「これからの時代には絶対必要なもの」とその効能を実感しています。

  • 梁をなくし天井を高くすることで広々としたリビングを実現。床暖房と二重内窓を採用したことで、「断熱性が高まり、今年の冬はエアコンなしでも過ごせるほどでした」とご主人さま。

リフォームデータ

リフォーム面積/約92㎡(2階間仕切り追加、バルコニー工事含む)
施工会社/ミサワホームイング株式会社 厚木営業課 担当者/阪井 篤

担当者