住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

Hotel&旅館 Reform

  1. ホーム
  2. 山中温泉「こおろぎ楼」リニューアル内覧会レポート

加賀温泉郷で開湯1300年の歴史を誇る山中温泉。芭蕉の句にも謳われた日本の名湯のひとつ。そのなかで、鶴仙渓にかかるこおろぎ橋のたもとに「こおろぎ楼」がある。このほど、北陸ミサワホームによる改修が完了し、12月4日、全旅連会員に向けた内覧会が行われた。

渓谷美を堪能。居心地の良さをさらに向上。

こおろぎ楼は、創業100年を超える老舗旅館で、全7室、四季折々の自然のなかで静かにゆったりとくつろげる“みやこわすれ”の宿をテーマにしている。女将やスタッフのあたたかいおもてなしも評判の宿である。

リニューアルは、3年前の客室と大浴場の改装に続けて、今年はロビーとテラスデッキを改装し、貸切露天風呂を新設した。内覧会では改装された客室と併せて見学した。全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会から石川、福井の会員の皆さんが参加した。

ロビーは、床や壁も一新し、白木の衝立やカウンターにも壁を立ち上げて余計なものが視線に入らないように配慮。また、窓辺の水槽を取り除き、外のデッキ部分の鉄柵を細いワイヤータイプに変更、外の景色をお客さまが存分に楽しめるようにした。

寺井雅彦専務が仕入れた北欧の家具に合わせて、ベースライトは埋め込みにし、スウェーデン製の照明をプラス。ロビーがいっそう落ち着いた雰囲気となった。

貸切露天風呂が新設された場所は、外階段から下に降りるボイラー室だったところ。階段側面の岩盤のはつり工事や資材搬入など困難な点もあったが、ヒノキやスギを取り入れ、川床の絶景を眺めながら家族でも利用できる広々としたお風呂が完成した。

前回リニューアルした客室では、二室を1室に改造しベッドルームを追加したプランと、外にテラスを設けたプランを見学した。和のテイストへのこだわりや縁のない琉球畳に変更、上がり框も斜めにカットするなど、限られたスペースでも広く見せる工夫を施した。

寺井専務

寺井専務

この時は、大浴場の改装と合わせて工事日数は5・5日と短工期。「ミサワホームさんにはがんばっていただいた。価格に見合った内容にも仕上がり、大変満足している」と寺井専務は話す。

内覧会に参加された会員の皆さんからは、「細かいところの工夫がよくできている」「川の側の立地の魅力が際立つ」「うちの旅館にも取り入れたい工夫がたくさん見られてよかった」「自宅もお願いしたい」などの感想の声が聴かれた。

挨拶に立ったミサワホーム・ストック事業本部の森田哲之執行役員は、「北陸新幹線の開通、東京五輪開催と旅館には好環境。ミサワホームのトータルサポート力で、集客力を高めるリフォームを提案していきたい」と話した。

北陸ミサワホームの林論高社長は、「これまで数多くの旅館・ホテルのリニューアルを行ってきた。北陸地区は温泉地も多く、これからますます需要が高まってくると思う。地域密着の企業として、よりよい提案で地域の発展に貢献していきたい」と挨拶した。

客室

客室

貸切風呂

貸切風呂

参加された皆さま

参加された皆さま

北陸ミサワホーム佐藤担当から説明

北陸ミサワホーム佐藤担当から説明

(左から)寺井専務、おかみ、スタッフの皆さん

(左から)寺井専務、おかみ、スタッフの皆さん

ミサワホームの客室リフォーム事業、お見積は無料!

美しく、使いやすく、上質であること。

ミサワホームイングは、デザインはもちろん、技術力と豊富な実績をいかしたトータルなリフォームのご提案から、設計・見積・施工・監理・アフターサービスまで一貫した請負体制で安心してお任せいただけます。旅館・ホテルの新築、増改築の無料相談・見積・ご提案をいたします。

詳しくは、下記からお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-734-330 フォームからのお問合せはこちら
 

ページ先頭へ