リフォームのミサワリフォーム|ミサワホームのリフォーム

東京都 Kさま|ミサワリフォーム

写真: ダイニングキッチン1

ダイニングとの間の吊戸棚と下がり壁を撤去することで、視線が広がるオープンなキッチンとなりました。 重厚感のある既存システムキッチンの天板、扉は活かしてコンロ、フード、引き出し、吊戸棚、食洗機を交換。
空間ごとに床の表情を変え、キッチンは大理石調、ダイニングは木質の高機能フローリングを選んでいます。

中古住宅を購入、トータルリフォームして住替えをされました。

4人のお子さまと暮らすための実生活を想定して、安全性や使い勝手に配慮。

注文住宅ならではの重厚感や高質な玄関収納、キッチンセットなどを上手に活かしながら、フレッシュなイメージに。
ご主人と奥さまのインテリアのお好みがまったく違ったため、空間ごとにデザインテーマを設定することで、ご夫妻ともに満足のいく仕上がりとなりました。

・子どもが小さいので、落下の危険がある外構の生垣をフェンスに変えたい  ・庭で子どもが遊べるデッキスペースが欲しい
・室内はクラシカルなイメージから、明るい雰囲気にしたい  ・子どもたちが自由に動きまわれるリビングにしたい

写真: 外観(Before)

写真: 外観

枯れた木もあった生垣を、マットな質感の最新アルミ製フェンスに変更。 曲線を描くことで硬質感を抑え、堂々としながら威圧感がありません。
門も同素材に変更し、モダンな外観に統一できました。

写真: 外観

写真: 外観(Before)


琉球畳と明るい板の間、窓際の障子はプリーツスクリーンに、 ふすまも洋間用建具に変更し、真っ白なインテリアで現代的な和室に生まれ変わりました。
床の間と押入れだった壁側は、たっぷりの吊押入に。
あえて下を空け間接照明を組み込むことで、軽やかさを演出しています。

写真: ダイニングキッチン4 写真: ダイニングキッチン4

モダンな和室と一体感のあるリビング。ナチュラル色のフローリングで明るく爽やかな印象に。床暖房も設置し、快適性もアップしました。
ふすまを天井からの吊引戸に変更することで、開口を広々感じさせています。開放的な空間で、お子さまたちも、のびのびと遊んでいるとか。

トイレ・洗面室は赤やピンクを使って明るくポップなイメージに。
ともにオーダーの収納家具は、下を空けて照明を組み込み、視線の抜けとライティング効果で、空間を広々感じさせます。

ご主人専用のシアタールーム。大型液晶テレビに加え、天井を補強し120インチのスクリーンとプロジェクターも装備。
奥はクロゼットと書斎兼ジムスペースです。

シアタールーム
写真: ダイニングキッチン4 写真: ダイニングキッチン4 写真: ダイニングキッチン4

ダイナミックな吹き抜けは活かして、階段部分と2階部分の腰壁をスリット状の縦格子に変更。 視線が抜けるとともに、空間にシャープな印象と縦方向の広がりが生まれました。

右手の壁は、ご主人こだわりの米松単板に縦縞の表面加工を施したパネル貼りに。
その壁沿いに坪庭のある奥のガラス壁までアッパーライトを床に埋め込むことで、奥行きを演出。 ライトアップで壁の縦ラインを強調し、さらに天井の高さを印象づけます。

写真: ダイニングキッチン4

水生植物を配した池だった玄関前は、お子さまが元気よく遊べるようにウッドデッキにして”観る庭“から ”使う庭“に変更。
デッキはアプローチの曲線に合わせて、俵型にすっきり収めています。 安全性に配慮し、アルミ製の門を階段上部にも二重に設置しました。

「生活者の目線でプラン提案をしていただき、子どもが自由に遊べ、また目が行き届きやすいLDKとなりました。玄関はシック、シアタールームはアンティーク、LDKはモダン、トイレ・洗面はポップと、インテリアではわがままを言ったのですが、唐突な感じがなく、うまくまとめていただきました。それぞれのテイストを毎日楽しみながら暮らしています」

リフォーム面積 / 約125m2 築年数 / 15年 ミサワホーム・木質2階建 工事費 / 約2,200万円 リフォームエンジニア / 野村 薫

リフォームのご相談・お問い合わせ リンク1

戸建てからマンションまで、リフォームのプロがあなたにあった空間づくりをサポートいたします。

ホーム
  • 住宅展示場リフォーム相談会
  • リフォームのご相談