サ高住 サービス付き高齢者向け住宅勝ち残る為の経営戦略

国交省に採択されたモデル事業

高齢者等居住安定化推進事業のご紹介
ミサワホームグループは平成21年度、国土交通省の「高齢者居住安定化モデル事業」に4つのモデル事業を提案し、
全て採択されました。その事業のうち北海道札幌市では、高齢者向けの賃貸住宅と生活支援施設、テナント等で構成
された複合施設が完成しました。
ハード面の整備のみならず、賃貸住宅に入居する高齢者の持家をマイホーム借り上げ制度を利用することにより、
早めの住みかえを促進していくこと、さらにその有効性とシステム構築を検証することを事業目的としています。
過去のリリース
2009/08/05 「第1回高齢者居住安定化モデル事業」に4提案が採択
2010/11/05 JR北海道との共同事業「シニア対応賃貸マンション」建設着手
2012/02/02 生活サポート付きの高齢者向け賃貸住宅「BLAN JR札幌」が完成

→マイホーム借上げ制度の詳細はこちら

物件概要

北3条東1丁目シニア対応賃貸マンション画像

北3条東1丁目シニア対応賃貸マンション

所在地: 札幌市中央区北3条東1丁目(JR札幌駅徒歩7分)
延床: 8.397u(2.540坪)
構造: RC造、10階建
地主・建築主: 北海道旅客鉄道(株)
一括借上: ミサワホーム北海道
戸数
  • : 自立軽介護者対応60戸
  • 要介護者対応54戸
開設 : 平成24年3月開設

住居構成

住所構成

自立生活

自立者向け住居
1LDK・2LDK 全60室 5〜10F エリア (2012年3月オープン)
  • ・ 日常生活が概ね自身で可能な方
  • ・ 60歳以上の単身の方、ご夫婦、60歳以上の親族同士
  • ・ プライバシーを尊重したゆとりの住空間
  • ・ 協力医療機関による、疾病予防セミナー・健康相談会の開催

介助・介護

要介護者向け住所
1R 全54室 2〜4F エリア (2012年4月オープン)
  • ・ 日常生活が概ね自身で可能な方
  • ・ 要支援認定または要介護認定を受けている方
  • ・ 介護スタッフが24時間常駐、日常生活をサポート
  • ・ 身体介護・生活援助(お食事、入浴、トイレ、洗濯など)や
    安否確認・生活相談サービスを提供
早めの住み替えを可能にする生活サポート付賃貸住宅の安定供給システム構築事業とは??
自立期から要介護2程度までの高齢者を対象に生活サポート付賃貸住宅(新築)を整備します。
そして共同提案者の移住住みかえ支援機構の「マイホーム借上制度(※)」を活用することで費用負担を軽減し,
高齢者等の早めの住みかえを促進することを目的としています。

※マイホーム借上げ制度とは、一般社団法人移住・住みかえ支援機構により、一定の条件を満たしたシニア世代(50歳以上)のマイホームを終身で借り上げ,子育て世代等に転貸する制度。

ページ先頭へ