お金のことば

資金計画ケーススタディ ケース3  実家を建て替え、夫が1人で返済の場合

3,300万円(土地0円 + 建物3,000万 + 諸費用300万)

母が実家で一人暮らしになったのを機に、同居するために実家の建て替えをしたい。

土地はすでにご両親の代でローンが終了しているので、
建物3,000万円のみの資金計画を立てるケースです。

家を建てると決めたときの貯蓄額

  • 預貯金 800万円
  • ・諸費用300万円と、頭金300万円を
     この貯蓄から捻出
    ・子どもの教育資金は別途準備済み

家を建てるためにかかった費用

土地 0万円

土地はすでに親の代でローンが終了していました。

建物 3,000万円

頭金300万円(貯蓄から捻出)→住宅ローンの残り2,700万円

ローンは30年返済にしました。10年固定で金利2.3%とすると、月の返済額は約10.4万円になります。11年目からは実質3.3%と仮定すると、約11.4万円です。

諸費用 300万円

子どもは10年後には大学を卒業する予定です。
私は今は専業主婦ですが、引っ越し後はパートとして働きに出ます。

年間96万円の収入を得て、生活費に充てるつもりです。

ローン完済時の私の年齢が、72歳になるのが気がかりです。
そのため、10年後のローン組み換えのタイミングまでに500万円の貯蓄をして、それを繰り上げ返済に充てようと計画中です。
そうすると、71回分、約6年間の期間短縮となって、66歳で完済できます。
11年目以降の返済額も約11.1万円になり、軽減できます。

ローンについてもっと詳しく

建物 3,000万円

住宅ローンの頭金300万円
建物融資 借入2,700万円 30年
自己資金500万円から諸費用を捻出
10年後までに500万円程度を繰上返済すると6年短縮

●頭金0円と頭金300万円との比較

このケースで、頭金があるのとないのでは、トータルでどれほど
の差が出るのか 試算してみました。300万円貯蓄するのに、3年
かかるものと仮定しています。

今後は金利上昇が予想されますし、貯めるまでには家賃もかかります。
頭金0円のほうが、合計200万円以上も低いという試算結果が出ました。

頭金0円と頭金300万円との比較

建替費用

住居を建て替える場合には、解体費などがかかります。地域や物件、業者によってかなり異なるものの、大体の相場を知っておくとよいでしょう。

古い家の解体費=坪5万円前後
仮住まい・引越しの費用=約100万円
外構・造園工事=建物本体工事費の約1割

  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ