お金のことば

住宅ローン活用術

無理のない返済が上手な資金計画のコツ。

資金計画の基本は自己資金ですが、足りない分は融資=借入金でまかなうことになります。
一千万円以上の融資では金利が1%違うと返済は数百万円の差が出るといわれます。
金利はできるだけ低い融資を利用したいところですが、固定型・変動型の違いや、手数料の違いなどがあり、金利が低いから単純に有利とは一概にいえません。

フラット35でも取扱金融機関により金利はさまざまですし、銀行の住宅ローンも多彩なタイプの商品が出ているので、複数の融資を比較検討し、自分の条件にあった融資を選ぶことが大切です。

また、借入金が多くなると、返済負担が大きくなり後々家計を圧迫することになりかねないので要注意。“借り入れプランは返済プラン”と考えて無理のない計画を立てましょう。
目安は、年間の返済額を年収の20%〜30%ぐらいにすること。
月々の返済額とあわせてボーナス月の返済額も考慮して検討してください。

  • 活用術1 今は低金利時代だからチャンスだと聞くけど、本当?
  • 活用術2 金利はこれ以上、下がらないの?
  • 活用術3 住宅ローンの「フラット35」とはどんな融資なんですか?
  • 活用術4 どういう基準で、融資先を選ぶのがいいの?
  • 活用術5 いくらまで借りられるの?返済額の基準はあるの?
  • 活用術6 どういう返済方法があるの?繰り上げ返済ってどうするの?
  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ