お金のことば

住まいの税金・補助金 家を建てるとどんな税金がかかってくるの?

家を建てるとどんな税金がかかってくるの?

住まいの税金は大きく2種類!

住まいの税金は、大きく2種類あります。
「家を建てる時にだけかかる税金」
「家を建てた後もずっとかかる税金」
両方を知っておく必要があります。

具体的にはどんな税金があるんですか?

建てる時だけにかかる税金とは?

家を建てる時にだけかかる税金には、契約書に貼る印紙にかかる「印紙税」や不動産登記にかかる「登録免許税」があります。これらは、その時に払っておしまいです。一般的に、この二つは、ご契約時に諸費用としてお預かりする費用になります。
また、不動産の取得にかかる「不動産取得税」もその時だけの税金です。これは取得してから60日以内に申告することになっています。

家を建てる時だけにかかる税金(イニシャルコスト)

毎年かかる税金が一番気になりますが、どんな税金があるんですか?

建てた後もかかる税金とは?

家を建ててからも毎年かかる税金としては、「固定資産税」や「都市計画税」があります。これらは、不動産を所有している間は、毎年ずっとかかってきます。
土地と家屋の評価は、3年毎に評価替えがされますので、税額は変化していきます。家屋の評価額は、徐々に減っていくのが一般的です。「都市計画税」は、市町村によりますので、ご確認頂くと良いでしょう。

家を建てた後もかかる税金(ランニングコスト)

※上記の税制内容は、平成29年度税制改正大綱に基づいています。
※特例を受けられる条件等の詳しい資料をご希望の場合は、担当ホームエンジニアにお問い合わせください。
  • 資金計画が良く分かる!カタログプレゼント
  • ご相談・お問い合わせ