ミサワホームの特長 「人」が集まる仕掛け まちの資産価値を高め、ご近所づきあい地域内外のつながりを提案。

まちづくりガイド

GUIDE LINE

「まちづくりガイド」 の策定

まちづくり憲章を基本理念に各分譲地ごとに「まちづくりガイド」を策定、提案しています。人と人との絆、人と自然との調和によって実現される美しい街並みや心地よい生活環境は決して一人で創り上げられるものではありません。そんな「住んでいて良かった」と思えるようなまちづくりの指標になればと考えています。

まちづくり憲章

フェノロジーガイド

良好な住環境は地域の歴史、
風土そして自然環境が教えてくれます。

地域の歴史、風土及び自然環境を調べフェノロジーガイドを作成しまちづくり計画に活かしていきます。

フェノロジーガイドのイメージ

ガーデニング講習会の開催

寄せ植え講座や菜園講習会など、ガーデニング講習会を開催。 また、ご自慢のガーデンを開放し、まちづくり一環として、開催します。ご近所付き合いを促進し、且つ分譲地の価値を高めます。

ガーデニング講習会の開催イメージ

ページトップへ

コミュニティ空間

「涼」をシェアするオアシス

〜まちのコミュニティを育む、井戸のある公園〜

暑い気候とともに生活する住民は、自然の涼しい風を生み出す公園を共有し、「涼」がまちのコミュニティ醸成の媒体となります。まちだけでなく、地域住民に快適な気候をもたらす公園や樹木の管理や手入れは、当番制のMy 公園サポーターで管理。住民がまちを管理することで愛着を育み、いざというとき、助け合いができる関係性を築きます。

まちのコミュニティを醸成するシカケ

土地利用計画のポイント

〜公園を核とした「まちづくり」計画〜

■ 公園に人々が自然と集まる道路計画■ 夏季東向きの風を活用する微気候設計桜などの既存樹を生かした公園を街区の中心ととらえ、人々が自然に集まるように公園を中心として道路を放射状に配置し計画します。また、公園の豊かな緑を活用し、夏季の東向きの風を冷やし、街区へ涼風を促す効果も考えています。

■ コミュニティ形成の核となる集会所の建設

日常のコミュニケーション場として、災害時のセキュリティセンターとして使って頂ける集会所を計画します。コミュニティの形成を促す為にも、まず「場」が必要と考えました。

■ 緑が連続して視界に入るゆるやかな曲線道路

ゆるやかな曲線道路により、きれいに揃った屋根ラインと緑が連続的に視界に入り、豊かな街並み景観を形成していきます。

■ ランドマークとなる既存桜の樹保存

東側道路沿いを中心に桜などの樹木を多く保存します。計画地内住民だけでなく、道路歩行者及びバス停利用者にも桜の花及び夏季における日射遮蔽による日陰を提供します。

■ 太陽光発電効率を考えた宅地割り
    及びゆったりとした宅地面積

太陽光発電効率を考慮し、宅地割りを極力南北軸± 15°に配置します。その結果、通りから見る景観として建物が雁行配置にみえてくることによるリズム感のある景観が楽しめます。

人が集まる公園

ゆるやかな曲線道路

既存樹木を多く残す

大人も子供も行くと何か楽しいことがある丘公園

日常、祭事、そして災害時いつでも集まれる場所をつくります。集まる事が良好なコミュニティをつくる第一歩です。

大人も子供も行くと何か楽しいことが
ある丘公園イメージ

□ 井戸を掘り、災害時の生活水及びクールスポットづくりに役立てます。□ 子供も大人も自然と集まり、長く滞在できる場所を目指します。□ 既存にある桜の大木などがまちのランドマークとなり、公園及び道路歩道に日陰をつくってくれます。□ 集会所の緑空間は深い軒と桜の大木で快適な場所をつくります。□ 井戸を利用した流れは、見る涼しさだけでなく、触れて涼をとれる工夫を行います。□ 既存の土部分を多く残す事で、昔ながらの雑木林の風景を残します。□ 子供達にとっては、安全で自然を感じる遊び場を提供します。 

大人も子供も行くと何か楽しいことがある丘公園イメージ

これからの観天望気で、みんなで省エネ・快適。

〜地域の気候の変化に合わせ、みんなでエコアクション。

気候に特徴がある地域などでは、天気や自然に興味を持つことが大切。自然をうまく取り入れることで、快適で省エネな暮らしが実現します。住民がまちの気候の詳細情報を共有することがことができるWebサイト「まちの回覧板」を整備し、暑さをただ感じるだけでなく、きちんと知ることで、熱中症や日焼け対策、洗濯物や庭の手入れや省エネなど暮らしに役立てることが出来ます。

デジタル気象観測装置「まちの気象台」

■ エコアクションを促すしかけ

「まちの気象台」の情報は、まちのポータルWeb サイト「まちの回覧板」に掲載されているため、より住民の暮らしに身近なものとなり、エコアクションへの取り組みを促します。 「まちの回覧板」には掲示板機能もついているため、打ち水等のまち全体のエコアクションを呼びかけることも可能です。 一家庭だけでなく、みんなで取り組むことで、意識が高まり、大きな省CO2効果が得られます。 また、省エネ効果だけでなく、無理の無い範囲でのエアコンに頼らない工夫は、住民の快適で健康な暮らしにつながります。

「まちの回覧板」でみんなでエコアクション 風を取り入れた省エネ生活

ページトップへ

地域コミュニティ

ポータルWEB サイト「まちの回覧板」でリアルなご近所づきあい

〜住民同士のつながりで暮らしを豊かに、まちを安心・安全に〜

住民専用のポータルWEB サイト「まちの回覧板」には自然なご近所づきあいを促すコンテンツや暮らしに役立つ情報を閲覧できるようにします。 例えば、住民同士の物の貸し借りや、簡単なオケイコ教室開設のための掲示板などを掲載。ネットワークでのつながりの方がなじみのある住民にも、無理無くリアルなご近所付き合いを促す仕組みを構築。 また、公園のデジタル気象観測装置「まちの気象台」の情報や、回覧板機能、お掃除・修理問い合わせ窓口、植栽お手入れアドバイスを掲載します。 生活者が、できるだけ業者や行政に頼らずに、暮らし、家、まちを住民主体で管理できる環境を整えることで、まちへの愛着につながります。

まちの回覧板

ページトップへ

HC 明日のスマートハウス

Home Club

エネルギーを消費する家から、生産・調整する家へ。スマートハウスの魅力を探ります。
ミサワホームの“分譲友の会”サービス

MISAWA ECO&ENERGY 関連サイト

  • >エネココ

    「見る+知る+シェアする」の生活にうれいしいHEMS「enecoco」のご紹介。

  • >微氣候デザイン

    最適と快適の技術デザイン。夏と冬のくらし提案をご紹介。

  • >南極の歩き方

    南極の建物の多くは、ミサワホームがお手伝いしました。過酷な自然環境の中で選ばれた性能と設計への挑戦。