本文へジャンプ

住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

まちづくりの実例

オナーズヒル新百合ヶ丘【神奈川】

やさしくあたたかみのある環境を共有するまちづくり。

川崎市西部の丘陵地に広がる『オナーズヒル新百合ヶ丘』の開発でめざしたのは、「自然と環境を共有するまちづくり」です。ランドプランニング手法による自然の地形を巧みに活かした宅地形状は、人工的なまちづくりとは一線を画したもの。さらに、計画地に元から自生していた樹木をまちの植栽として植え直したり、無電柱化を図るなど、周辺の自然環境とも調和する工夫をすみずみに行っています。個々の建物は住む方の個性・嗜好が反映されたものとする一方で、家と敷地以外は住まわれるすべての方の共有財産であり、それらを共有管理して環境を守り育てていこう…。そんなミサワホームの考え方に共感をいただき、やさしくあたたかみのある自然豊かなまちに育っています。

サムネイルにマウスを乗せると画像が切り替わります。
DATA
・所在地:神奈川県川崎市麻生区
・開発総面積:17,260u
・宅地有効率:61.8%
・総戸数:31戸
・事業種別:自社分譲
・販売方式:建売
・権利形態:所有権
・事業主体:私たちとミサワホーム
・担当ディーラー:ミサワホーム東京
・販売開始年度:1985年度
・土地購入元:個人地主
このページのトップへ