夢庵

当初より敷地を広げ
事業用途も変えることで、
高収益な活用を実現。

■構造 / 木造軸組工法

■建設地 / 埼玉県蕨市

■敷地面積 / 1,111㎡ 延床面積 / 273㎡

■活用方法 / 駐車場からの土地活用

東日本大震災の影響で、マンションが傾いて経営が難しくなったRCマンションを解体し、コインパーキングとしていたオーナー様。土地の再活用を検討していましたが、90坪という敷地に合わせた活用方法が見つからず苦労されていました。

そこでミサワホームは事業用途に合わせた土地の規模拡大を提案。計画敷地を、隣の自宅、隣の会社所有の駐車場を合わせた、3つの土地を同時活用とすることで、競合他社よりも利回りのよい飲食店を誘致することができました。

コストや収益性などにもご満足いただき、住居系から事業系への転換を果たすことで、立地を活かした、高収益な活用を実現しました。

オーナー様の悩み
  1. 東日本大震災の影響でマンションが傾き、賃貸経営が困難。解体してコインパーキングとして利用していた土地の再活用を検討していた。
  2. 2.90坪という敷地に合わせた活用方法が見つからず苦労していた。
コンサルティングのポイント
p1
解決のプロセス
p2
解決の視点

敷地90坪の活用方法の検討からスタートしましたが、計画敷地を隣地も含めて拡大することで、事業用途を変更して、よりよい活用方法をご提案することができました。

住居系から事業系への転換で、高収益な活用を実現しました。

コインパーキングとしていた90坪の敷地。

敷地を拡大し、新たな事業用途へと転換。

ケーススタディのカタログを
ご用意しております。

その他のケーススタディCASE STUDY