賃貸併用住宅の建て方

賃貸併用住宅は、
さまざまなケースが考えられます。

ケース1. 所有している土地に、
稼ぐマイホームを建てる

所有している土地や、相続した土地に、マイホームを建てる一般的なケースでも、賃貸併用住宅を考えるのが、これからの賢い方法かもしれません。

賃貸部分が稼いでくれれば、ローンへの充当や、将来の二世帯住宅も可能となり、老後の安心となります。賃貸住宅の住戸数が数戸でもメリットがある場合もあります。賃貸ニーズのある場所ならぜひ検討してみましょう。

ケース2. 実家を二世帯住宅に建て替え、
将来的には賃貸として貸すケース

実家を二世帯住宅に建て替えて、同居するケース。古くなった家をバリアフリーの新しい住まいにできることで両親にとってもメリットがあります。

子育ての時期は、最もお金が必要な時期。その時期に二世帯住宅であれば、土地取得の費用がかかっていない分、コストが軽減でき、子世帯にとっても大きなメリットとなります。また親世帯の住まい部分は、将来、賃貸住宅として活用できるように設計しておくと、将来は子世帯の生活費としても活用できます。

ケース3. 土地から購入して
賃貸併用を建てるケース

土地を購入して自由に注文住宅を建てたい。そう考えるご家族も多くいらっしゃいますが、予算の都合で建売住宅やマンションを購入するケースも少なくありません。土地から購入した場合でも、賃貸併用住宅にすれば家賃収入を得ることで、ローンを軽減することも可能です。

銀行等と十分な打ち合わせが必要ですが、予算の都合であきらめていた注文住宅が、「賃貸併用住宅」なら実現できる可能性もあるので、検討してみましょう。

ケース4. 相続した実家を自宅とて
戸建貸家に建て替えるケース

実家の広い土地と建物を相続。土地の建ぺい率・容積率や接道に余裕があったので、庭の一部を活用できないかと考えました。アパートを建てるほどの余裕がなかったので、駐車場なども選択肢にありましたが、戸建貸家を建てることに。

戸建貸家はニーズが高いのでクオリティの高い物件なら長期安定経営が期待できます。ミサワホームの戸建貸家なら、ファミリーに人気の3LDKの間取りが実現できる可能性もあるため、より効果的な土地の有効活用が可能となります。

賃貸併用住宅に関するカタログ
ご用意しております。

賃貸併用住宅のその他コンテンツOTHER CONTENTS

土地活用のノウハウ KNOW-HOW