賃貸併用住宅について

自宅の建物の一部を賃貸住宅にした住まいが、
賃貸併用住宅です。

これからは「自宅を活かして
賢く暮らす時代へ」

生涯支出の内訳のうち、住居費は4分の1ほどだと言われています。この住居費を抑える事が可能になるのが、賃貸併用住宅。自宅の一部を賃貸住宅として活用する事で収入を得て、住宅ローンを軽くしていく事が可能になるのです。

自宅建物の一部が
賃貸住宅になっている

例えば相続する前は、6人家族で暮らしていた実家。現在は4人家族になっているなら、その余った空間を積極的に活かしていこうというのが賃貸併用住宅の発想です。 所有されている土地に余裕がないか?3階建を建てれば空間の余裕が生まれないか?土地の可能性を最大限に活かす、それが賃貸併用住宅です。

住宅ローンを軽くする家

住宅ローンを軽減する方法…それは、収入を生む「賃貸併用住宅」にすることです。

家賃収入は、ローン返済に充当したり、将来の支出の備えにもなります。一部を二世帯住宅として利用もできます。

また、将来を見据えた家族構成の変化にも対応できます。広すぎることや、狭すぎることなく丁度良いサイズでマイホーム建てることができます。

資金計画シミュレーション比較

賃貸併用住宅へ建て替えるにしても、
資金の面が気になるわ…

自宅だけの建て替えと、自宅+賃貸に建て替えた場合を、
立地環境別に比較してみました。

賃貸併用住宅に関するカタログ
ご用意しております。

賃貸併用住宅のその他コンテンツOTHER CONTENTS

土地活用のノウハウ KNOW-HOW