賃貸住宅経営について

資産の価値を高める、長年培われた
「住まいづくりのノウハウ」。

住宅メーカーとして、戸建住宅で長年培ってきた「住まいづくりのノウハウ」。

その中でも、「実績あるデザイン力」「暮らしのアイディアと先進性」「テクノロジー&クオリティ」は、
ミサワホームの大きな強みと言えます。土地活用の際にも、これらの強みを存分に発揮し、
差別化を図りながら建物の資産価値を高めています。

実績あるデザイン力

デザインの良い建築は大きな差別化になり、資産価値を高めます。

ミサワホームでは "シンプル・イズ・ベスト"の思想をベースにした高いレベルのデザインルールを採用。住宅業界で唯一、
1990年以来、毎年連続でグッドデザイン賞を受賞しています。その優れたデザイン力は、賃貸住宅や分譲の街づくりなど、多くの資産活用物件でも活かされています。

また、ミサワホームが長年取り組んできた「子育て住宅」などの実績を活かし、保育園など多くの子育て支援施設でも、キッズデザイン賞を連続で受賞。

こうした豊富な実績あるデザイン力により、地域の方々に愛され、歳月を経てもなお価値の高まる資産活用を実現します。

good

'13〜'14 GENIUS GATE グッドデザイン・ベスト100

暮らしのアイディアと先進性

ミサワホームでは、独自のアイディアに溢れた大収納空間「蔵」をはじめ、環境に負担をかけずに、夏は涼しく、冬は暖かく暮らすことができる「ECO・微気候デザイン」など、暮らす人の視点に立った快適な住空間を実現してきました。

また、1998年には省エネルギーの住まいに太陽光発電による創エネルギー技術を組み合わせた、世界初の「ゼロ・エネルギー住宅」を発売。その後も環境に配慮した「ハイブリッド住宅」や、建設時からの環境負荷をゼロ以下にする住宅の提案など、そこに暮らす人や環境の、未来を見据えた先進的な住まいづくりを実践しています。

  • 大収納空間「蔵」
  • ECO・微気候デザイン
  • ゼロ・エネルギー住宅

テクノロジー&クオリティ

「南極昭和基地」の建物の多くは、ミサワホームです。過酷な環境で得られたノウハウは、住まいにおける耐震性や気密性、耐久性に大きく活かされています。また、すべての住宅で高いクオリティを実現するために、徹底した管理体制のもと高品質の部材や部品を工場生産し、現場で効率よく組み立てる「高度工業化住宅」を採用しています。

  • 工場の木質パネル生産ライン
  • 南極昭和基地「自然エネルギー棟(2010年)
  • 制震装置
    「MGEO(エムジオ)」
賃貸住宅経営に関するカタログを
ご用意しております。

賃貸住宅経営のその他コンテンツOTHER CONTENTS

土地活用のノウハウ KNOW-HOW