住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸経営の法人化を考える

賃貸住宅経営における個人事業主と法人の違いや法人化にした場合のメリット・デメリットを考えます。

1.法人化するにあたっての種類を知る

賃貸経営はサービス業。いかに空室率を低くするか、そのためには、様々な工夫が必要なのです。

賃貸経営の法人化には大きく分けて2つの種類があります。
「不動産管理会社」と「不動産所有会社」です。

「不動産管理会社」は、その名前のとおり、賃貸住宅の管理を仕事とする会社です。建物オーナーから管理(建物管理・家賃回収など)を請け負い、手数料として家賃の5%〜15%ほどをオーナーが法人へ支払う(移す)ことになります。

「不動産所有会社」は、まず会社が賃貸住宅を建てたオーナーから建物を購入します。会社が部屋を貸すことになるため、家賃収入は会社の収入となります。最初に建てたオーナーは、土地のみの所有者となり、会社から地代を得るかたちとなります。

考え方としてはまず、「個人経営」にするのか、「法人経営」にするのか。そして、法人経営なら「管理会社」にするのか「所有会社に」するのかを考えなくてはなりません。

賃貸経営の法人化の判断はたいへん難しいものです。まず自身が正しい知識を持つことが大切です。

  • 相続・贈与や税金 ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!