住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸住宅の老朽化対策ガイド

老朽化した賃貸住宅をどうするかは大きな悩みの1つ。先延ばしにする方も多いこの問題に、収益をあげるという発想で対策を考えます。

1.老朽化の問題、それは「収益」と「安定」の2つ

賃貸住宅の老朽化が社会問題になっています。総務省の調べによると、耐震基準が古い1981年(昭和56年)以前に建てられた賃貸住宅が528万戸あるという報告が出ています。中でも60〜70年代に建てられた賃貸住宅は多く、東京都の場合、平成15年住宅・土地統計調査によると、16万戸以上もあるようです。

このような築年数の古い賃貸住宅は、空室率も高くなりがちで、収益性も低くなってしまいます。建物の傷み具合によっては、修繕するためのメンテナンス費用の負担も気になります。さらに耐震性が現在の基準を満たしていない場合は、入居者の安全確保についても問題があります。つまり「安全性」と「収益性」の両方に問題を抱えているのです。

今、多くのオーナー様が、賃貸住宅の老朽化対策でお悩みです。「リフォームで対応できるのか?」、「建て替えをしても利益は確保できるのか?」「思い切って売却する方が良いのではないか」・・・。
様々な選択肢はあるものの、どれを選択すれば良いか悩んでいるオーナー様が多いのです。

これまで働いてくれた賃貸住宅。今後、どうするかは総合的に判断しましょう。
  • リフォーム・建て替え ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!