住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸住宅の老朽化対策ガイド

老朽化した賃貸住宅をどうするかは大きな悩みの1つ。先延ばしにする方も多いこの問題に、収益をあげるという発想で対策を考えます。

2.賃貸住宅の建て替えには、プロの手が必要

建て替えを行うかどうかの判断は、オーナー様の利益を第一に考えてくれるプロに相談すべきです。

入居者が保護の傾向が強い今の法律のもとでは、賃貸住宅の建て替えは、プロのノウハウが無くては難しい時代だといえます。賃貸物件の建て替えに伴う「明け渡し」業務を行う専門業者などのプロに依頼するのがよいでしょう。

業者によっては、老朽化が進んだ賃貸物件を買い取り、自社で明け渡し交渉などを行ってくれます。
特に古い賃貸住宅では、高齢者の方も多く、高齢者の方が新しい部屋を探すのは難しく、オーナー様も自分で明け渡しを頼むのは、心情的にも難しいもの。
信頼できる専門業者にお願いし、誠意をもって立ち退き交渉を行なってもらうこともひとつの方法です。

オーナー様にとって、建て替えが最もメリットがあるのであれば、時間をかけてでも建て替えするのが得策です。しかし収支を考えて建て替えが難しい場合は、売却も検討すべきです。

  • リフォーム・建て替え ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!