住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

サラリーマン大家さんのススメ

厳しい経済状況が続く中、収入アップの一つの選択肢として注目されている「サラリーマン大家さん」に迫ります。

3.サラリーマン大家さんケーススタディ

CASE1 所有している土地に、稼ぐマイホームを建てる

親が所有している土地や、相続した土地に、マイホームを建てる一般的なケースでも、賃貸住宅の需要があるエリアなら、賃貸併用住宅を考えるのが、これからの賢い方法かもしれません。

マイホームが稼いでくれれば、住宅ローンへの充当や、将来の二世帯住宅も可能となり、老後の安心となります。賃貸住宅の部屋数が数部屋でも採算が取れる場合もあります。賃貸ニーズのある場所なら、ぜひ検討してみましょう。

マイホームを建ればローンが負担に→自宅に賃貸住宅を+αして『稼ぐ家』にすることで将来の選択肢が増えます。
CASE2 相続した自宅の敷地に、戸建貸家を立てて有効活用

実家の広い土地と建物を相続。土地の建ぺい率や接道に余裕があったので、庭の一部を活用できないかと考えました。アパートを建てるほどの余裕がなかったので、駐車場なども選択肢にありましたが、戸建貸家を建てることに。戸建賃貸はニーズが高いので、クオリティの高い物件なら長期安定経営が期待できます。

相続した自宅の敷地スペースにまだ余裕がある場合→余裕のあったスペースに戸建貸家を1棟建てて土地を有効に活用。
CASE3 実家を二世帯に建て替え、将来は賃貸住宅として利用

実家を二世帯住宅に建て替えて、同居するケース。古くなった家をバリアフリーの新しい住まいにできることで、両親にとってもメリットがあります。子育ての時期は、最もお金が必要な時期。その時期に二世帯住宅であれば、土地取得の費用がかかっていない分、住居費の負担が軽減でき、子世帯にとっても大きなメリットとなります。

また親世帯の居住空間は、将来、賃貸住宅として活用できるように設計しておくと、子世帯の老後の資金源として活用できます。

二世帯住宅に建て替え→将来、親世帯の空間を賃貸として利用し、老後の収入源に。
CASE4 土地から買う人も、ローン負担を軽減する対策を

土地を購入して自由に注文住宅を建てたい。そう考えるご家族も多くいらっしゃいますが、予算の都合で建売住宅やマンションを購入するケースも少なくありません。土地から購入した場合でも、賃貸併用住宅にして収入を得ることができれば、住宅ローンを軽減することも可能です。

銀行等と充分な打合せが必要ですが、予算の都合で諦めていた注文住宅が、『賃貸併用住宅』なら実現できる可能性もあるので、ぜひご検討下さい。

土地を購入→購入した土地に賃貸併用住宅を建て、家賃収入を土地代金を含むローンの返済に充当し、負担を軽くする。
  • リフォーム・建て替え ご相談はこちら
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!