住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

収入アップのための必要経費講座

家賃相場が上がらなくなると言われている賃貸経営事情。 そんな中でも、収入をしっかりとアップするための方法に迫ります。

1.老朽化の問題、それは「収益」と「安定」の2つ

これからは家賃相場が上がっていくことが期待できない世の中だといえます。収入をアップするには、一般企業の経営者と同じような経営感覚が必要になります。まず大切なのは、知識を持つこと。まずは長期的に経営している、または経営予定の賃貸住宅がどれくらいの収入を生むのかを把握することが必要です。いちばん分かりやすいのが『利回り』を把握することでしょう。
「利回り」とは、簡単に言うと投資に対する利益の割合のことです。建築費用に対してどれくらいの収入を得ることができるかというのもひとつの利回りの見方です。ここで大切なのが、収入から経費などの支出を差し引いて計算する、「実質利回り」を把握しなければならないということ。「実質利回り」とは、家賃収入から固定資産税、火災保険料、賃貸管理費、建物管理費、修繕費、不動産会社に支払うお金などを引いた額を購入・建築費用で割った数値です。この「実質利回り」が他の投資や建築プランと比べてどうかを比較することです。家賃の値上がりが期待できない現在では、経費を見直してコストダウンをすることが実質利回りを高めるポイントともいえます。

所有の土地を世代を超えて
活用できる最善の方法をとる。それが生涯の収入と支出のバランスの改善につながる賢い発想です。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!