住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

地域貢献のための賃貸経営

昨今、土地活用、賃貸住宅経営を行うオーナー様も、社会への貢献を行う 時代になりつつあります。今回は、地域に貢献するための賃貸経営を考えます。

2.社会を構成する基本、『家族の未来』を考える。

家族あっての地域。まずはしっかり基本を。

オーナー様の採算を度外視して地域貢献を目指しては、大切な資産そのものを失ってしまうこともあります。地域に貢献したいという思いをお持ちのオーナー様でも、しっかりと利益を得て経営を続けていただくことに意味があります。
そしてその思いを次の世代に受け継ぐことができれば、最高の資産活用と言えるのではないでしょうか。
まず、社会や地域を構成する基本である家族の幸せをしっかり考えることからはじめましょう。

相続を視野に入れた土地活用や賃貸経営も。

土地活用する際に、ぜひご家族と話し合う機会をつくってください。
お考えになっている地域や社会へ何ができるか。利益をしっかりと出しながら、世の中のためになる活用を考えていること。そして、相続をスムーズにするための話をしておくことも大切です。
今、若い世代へ資産を受け渡すために、生前贈与など有利な制度の活用も可能です。相続時精算課税制度は、高齢の方の資産を次の世代にスムーズに受け継ぐために設けられた制度です。これは財産の贈与を受けた若い世代が資産を活用し、資産が社会で循環することを期待して導入されました。メリットのある制度を比較・検討し、次世代へつなげることも巡り巡って社会貢献のひとつと言えるでしょう。

所有の土地を世代を超えて
活用できる最善の方法をとる。それが生涯の収入と支出のバランスの改善につながる賢い発想です。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!