住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

地域貢献のための賃貸経営

昨今、土地活用、賃貸住宅経営を行うオーナー様も、社会への貢献を行う 時代になりつつあります。今回は、地域に貢献するための賃貸経営を考えます。

3.オーナーが考えておきたい地域貢献4つのこと

入居者にとっても断熱性・気密性の高い住宅は、冬は暖かく夏は涼しい快適な住まいです。さらに冷暖房効率が良いことで光熱費も抑えられます。快適で経済的なのですから入居者に長く住んでいただけるはずです。また、環境配慮への意識が高い入居者には、差別化の大きな一因にもなるでしょう。
省エネに配慮することは、経営のためにも環境貢献のためにも考えてみるメリットは大きいと言えます。

代々所有している土地は、街の景観をつくる大切な要素でもあります。景観を考えることができるのは、建物の建築主なので、街づくりの面から貢献できるとも言えます。
そのような状況の中で、賃貸住宅を建てる土地オーナー様が、街並みまで考えたデザインをオーダーされるケースもあります。美しい街並みに入居者が集まることを、多くの方が気付いているのです。
美しい街並みを考え、入居者と地域の方が交流できるスペースとして土地を活用する。そこには古き良き時代の大家さんの発想があります。
そして地域のコミュニケーションが生まれれば防犯・防災の面でも安心です。

賃貸住宅を探す時、多くの入居者は、「安心」と「安全」を意識しています。安全な建物であることを入居者にきちんとアピールすることも、これからは重要になっていくと言えます。
また防犯に関しても、入居者の関心は高く、オートロックやピッキング対策の施された玄関キー、モニター付きインターホンなどの設備は人気の定番となっています。
入居者の安心と安全をしっかり考えた住まいであることをきちんと入居者に伝えることが、今後の空室対策にもつながります。

日本の総人口が年々減少する中、65歳以上の高齢者の総人口に占める割合が4人に1人以上になると推計されています。この現状の中、高齢者が安心して暮らせる住宅の不足も深刻な問題です。また昨今、待機児童で問題になっている保育施設の不足も大きな問題です。
そんな社会背景の中、高齢者向けの賃貸住宅や保育施設などの子育て支援を考えるオーナー様もいます。一般の賃貸住宅ほどの利益が無くても、社会貢献のために土地を活用したい。人口減少の社会で、安定した利益を得たい。様々な理由がありますが、土地オーナー様が福祉施設の土地活用を選ぶということは、地域に対して大きな貢献となるのは言うまでもありません。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!