住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸住宅の工法を知る

賃貸住宅を建てる際、どの工法で建てれば良いのか考えます。工法の特徴の違いを知り、ご自分の敷地に合った工法を選びましょう。

工法選びは、立地や経営収支で決まる。

「賃貸住宅を建てる時、どんな構造の建物がよいのか?」、「耐用年数が長く、メンテナンスも楽な工法はどれか?」・・・。そんなオーナーさまからの声が多くあります。答えは、「立地と経営方針で決まる」と言えるでしょう。どの工法にも一長一短のメリット・デメリットがあります。

「木造」は、設計の自由度が高いので、狭小地や変形地に向いています。「鉄骨造」は、耐用年数が木造より少し長いので減価償却できる期間が長くなることになります。「RC造」は、階数の高い建物を建てることができるので、建築コストが高くても収益を多くすることが可能になります。
工法の選び方のポイントは、立地条件や、経営収支によるということです。

工法は、建築会社によって得意不得意があるので、相手に惑わされることなく、きちんとこちらのメリットを考えた提案がなされているかを見極めましょう!

建設する土地の立地や周辺の環境、家賃相場また不動産の価格、不動産の価値などを総合的に検討して構造を決めるべきです。

例えば、家賃があまり取れない地域は収支が悪くなりますので、コストの比較的安い木造や鉄骨造にメリットが出てきます。
地価が高く家賃が高くとれる地域では、階数を多く取れるRC造を採用して、戸数を多くして収益が得られる場合があります。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!