住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸住宅の設計力

とりわけ都市部や市街地の土地に多い「狭小地」や「変形地」。そんな厳しい条件の土地を活かすためには『設計力』が重要です。

設計力で、土地活用に大きな差が出る。

都市部で狭小地や変形地を所有し、活用方法に悩んでいる土地オーナーさまは多くいらっしゃいます。特にそれが住宅地だと、建ぺい率や容積率の制限も厳しくなるので、イメージしていた規模の建物が建てられず、収益面も厳しくなることがあります。これをクリアしていくためには、より綿密で工夫のある設計力が必要になります。

どれくらいの建物を建てられるかは用途地域で異なります。用途地域は全部で12種類あり、大きく分けると住居系・商業系・工業系に分けられます。住居系では第一種低層住居専用地域など7種類があり、それぞれに建ぺい率・容積率が定められています。この規制を超えて建築することはできません。ただでさえ条件が厳しい狭小地や変形地ではこの規制が重しになってきます。

さらに狭小地の場合は、住宅密集地であるケースも多いでしょうから、隣家との兼ね合いもあります。日照を確保するための工夫も必要になってきますし、検討しなくてはならない事項は多々あります。さらに条件をクリアする設計をしながら、入居者の快適性を確保する必要があります。

一方、変形地では、敷地の形状に左右されて、間取りに無理が生じることも少なからずあります。また、玄関から部屋の奥まで見えてしまうような間取りは敬遠される傾向にありますから、玄関、キッチン、リビングなどの配置を工夫する必要があります。限られた敷地で、様々な法規制などをクリアしながら、しっかりとした入居者目線での設計が大切になります。

土地の条件や規制をひとつひとつクリアしながら、入居者の快適性も考えた設計を目指すことが大切!
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • リフォーム・建て替え ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!