住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

賃貸管理の基本を知る

賃貸経営スタート後の大家さんの仕事は、ほぼ『賃貸管理』と言えます。長期安定経営のカギを握る、賃貸管理の基本を知りましょう。

賃貸住宅は「経営」するもの

手数料を払い管理会社にすべてを委託するのは確かに楽だと言えますが、大家さんが経営の内容を把握していないのは、『経営』としてはリスクが伴います。委託をしても、どんな人が住んでいるのか、空室はどれくらいあるのか、周辺のニーズに合っているのか・・・など、様々なことを考え経験し、ノウハウを蓄積していくことが大切ではないでしょうか。手間がかかることや自分でできないことは、委託しても、大家さんとして賃貸管理の経験を積んで行くことが、今後の経営にとって不可欠と言えます。

建物管理のポイントは、物件の魅力を維持するため、リフォームや大規模修繕とその費用の準備などをしっかりと考えることです。もし入居率が落ちているなら間取りや設備が入居者のニーズに合っていない可能性もあります。これを管理会社がきちんと指摘し、改善策を提案してくれればいいのですが、大家さんに知識・経験が無ければ、その善し悪しを判断することもできません。やはり先々を見据えて、大家さん自身で自主的に判断できるくらいの知識を蓄えていくのが良いと言えます。

また、経営として将来に備えておくことも大切です。下のグラフ、(財)日本賃貸住宅管理協会の調査では、賃貸マンションの長期修繕計画を考えていない大家さんがまだまだ多いことがわかります。賃貸経営として長期的な収支の計画の中に修繕計画を考えておくのも、重要な仕事のひとつではないでしょうか。

長期修繕計画は長期的に安定した賃貸経営を行うのに重要な事項です。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!