住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

退去時の原状回復で、大家さんと入居者の負担の割合について、まず理解しておきましょう。
賃貸借契約で入居者が負う義務は、基本的に2つ。「賃料支払義務」と「賃借物保管義務」です。 賃借物保管義務とは、民法400条「善良な管理者の注意義務」のこと。借りている部屋を誤って壊したり痛めたりすることがないよう大切に扱い、保管する必要があるというものです。入居者が注意義務に違反して、賃貸物件の価値を下落させた場合、オーナーはその損害の程度に合った請求をすることができます。

逆に通常の使用や、経年劣化による損傷や不具合に関しては、大家さんに修繕などの義務があります。また建物の強度や安全性、火災報知器の設置などについても大家さんの義務となりますので、管理会社などと相談して、きちんとした対応をしておきましょう。

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」東京都の賃貸住宅トラブル防止やガイドラインを元に制作した、大家さんと入居者の負担を表したものがこちらに掲載しているので参考にしてください。やはり、一般的に大家さんがイメージされているより、入居者に有利な内容になっているのではないでしょうか。特に古くから賃貸経営をされている方には、驚きのある内容かもしれません。
大家さんもある程度の 知識を持って、管理会社と 一緒に円滑な経営を行える ように意識しましょう!
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!