住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえのアパート経営

建物の賃貸借契約には「期間の定めのある契約」と「期間の定めのない契約」があります。期間を定めても、通常の賃貸借契約では正当な事由がない限り、契約更新を拒絶することはできません。これに対し、「定期借家契約」は、契約で定めた期間が満了することにより、更新されることなく、確定的に賃貸借が終了する建物賃貸借契約です。こちらは、入居者が求めて、大家さんも了承すれば更新することも可能で、一般借家契約とほとんど変わらないで住み続けることも可能です。

この「定期借家契約」の大家さんのメリットとしては、例えば自宅併用賃貸住宅を経営していて、将来は子供夫婦が暮らす住まいとして賃貸部分を利用する計画がある場合や、一定期間自己所有のマンションなどを貸したい場合に有効です。また騒音が多い、他の入居者とのトラブルが多いなどの入居者に関しても、契約期間で退去させることができるため、トラブルの防止にも繋がります。

契約書については、不動産会社と相談して決めますが、一般的に「全国賃貸不動産管理業協会」や「日本賃貸住宅管理業協会」が監修した契約書を使うことが多いようです。これをベースに地域性や物件に合わせた特約などをつけていきます。ペットの可否や、入居者を女性に限るなどの限定、共用部の使用方法、その他にも、用途は住宅に限る(事務所などは禁止)など様々な要件に関して綿密な打ち合わせが必要です。
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 収支シュミレーション ご相談はこちら
前のページへ次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!