住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

ECO・微気候デザインで差別化

自然と調和して快適でエコな住まいをつくる「ECO・微気候デザイン」。エコで永く住みたいと感じさせる賃貸デザインでの差別化に迫ります。

1.「ECO・微気候デザイン」には長期安定経営のヒントがある

微気候とは私たちの最も身近にある気象現象の事を言います。例えば夏の暑い日、風がなければ家の中も蒸し暑くなるのが当たり前だと思われるでしょう。しかし住まいの南側と北側に窓を配置していれば、太陽で暖められた南に向かって、北側の冷たい空気が流れていきます。このような小さな気象現象が「微気候」というものです。

日本の住宅は昔からこの微気候を上手に取り入れて、夏も冬も快適に過ごす工夫をしてきました。
まず微気候デザインを考えた建物を造るとき、2つの要素があります。

1.建物周辺の工夫
植栽により、夏は日差しを遮り、冬は日差しを室内に取り込むなどの工夫をはじめ、照り返しを少なくするために芝を植えるなど外構による工夫です。
2.建物の工夫
庇の深さや、窓の位置・開き方などを工夫することにより、室内への日差しや風の入り方をコントロールします。
この微気候デザインを取り入れるためには、敷地をしっかりと把握する必要があります。山が近いのか海が近いのか、土地の高低差はどうなのか・・・。その敷地の日照条件や季節ごとの風向きをしっかりと調べ、設計に活かすことが重要になります。もちろん樹木を植えることも念頭に置かなければなりません。
ECO・微気候デザインは、都心部でも工夫次第で取り入れられます。大事なのは、住まい環境への発想を変えれば、快適性が大きく変わるということ!
  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!