住宅のミサワホーム|ハウスメーカー

あたりまえの賃貸経営

あたりまえの空室対策

ECO・微気候デザインで差別化

自然と調和して快適でエコな住まいをつくる「ECO・微気候デザイン」。エコで永く住みたいと感じさせる賃貸デザインでの差別化に迫ります。

2.賃貸住宅に「ECO・微気候デザイン」を取り入れるためには

賃貸住宅には、戸建住宅よりシビアなコスト制限があり、さらに集合住宅ということで窓の設置場所も制限されるという難しい面もあります。しかしその制限の中でも、様々な工夫ができます。

基本は敷地の特性をしっかり把握して、賃貸住宅を設計することです。夏は南風、という地域では南北に窓を設けて風が抜けるような設計をしたり、南側に木を植えることで日差しを遮る工夫など、できることはたくさんあるはずです。

こういった住まいの設計上の工夫は、注文住宅に豊富な実績がある住宅会社が強いと言えるでしょう。コストのみを重視した賃貸住宅では、あらかじめプランが決まったものが多く、敷地の条件に対応して微気候を取り入れるのは難しいと言えます。

また、住宅の基本性能が高いということも重要です。断熱性と気密性が高い建物だからこそ、冷暖房にかかるエネルギーを最小限にすることができるのです。さらに窓を断熱性に優れたものにすることも快適に暮らすポイントだと言えます。一般的に冷暖房した室内の熱は、窓などの開口部から5割以上逃げてしまうといわれています。これをペアガラスにするだけで、快適性は大きくアップします。

このように賃貸住宅の微気候デザインにも、工夫をすることが重要なのです。

  • 賃貸住宅の市場性調査 ご相談はこちら
  • 建物プラン・見積り ご相談はこちら
前のページへ 次のページへ

CATEGORY

CATEGORY CATEGORY CATEGORY CATEGORY 土地活用・賃貸経営のご相談・お問い合せはこちらからどうぞ! 資産活用情報誌「グッドオーナー」|資産活用情報誌「グッドオーナー」は土地活用にまつわる情報が満載! メールマガジンの登録|最新の更新情報をお知らせします!